ウェブブラウザ「Opera」販売権を巡り、(株)ライブドア及びオペラソフトウエアASAを提訴。損害賠償と共に謝罪広告を求

2005.06.22

当社は、本日、(株)ライブドアおよびノルウェー王国法人オペラソフトウェアASAに対して、同社らのウェブブラウザ「Opera」販売権を巡る一連の行為により、当社に損害を与えたとして、不法行為に基づく損害賠償および謝罪広告を求める訴訟を東京地方裁判所に提起しました。

ウェブブラウザ「Opera」は、2002年2月に締結したオペラソフトウエアASAと当社との独占販売契約により、当社が販売していたものですが、オペラソフトウエアASAが当社との契約終了の手続きを踏まずに、2004年5月、(株)ライブドアと新たにウェブブラウザ「Opera」の独占販売契約を締結した上に、当社が管理運営していたウェブブラウザ「Opera」の販売用ウェブサイトを、(株)ライブドアのウェブサイト上に新たに掲載した「Opera」の販売用ウェブサイトに、リダイレクトさせてしまったため、それ以降、当社が在庫品を販売できなくなっていたものです。

(株)ライブドアと、オペラソフトウエアASAは、同社らのプレスリリース等により、同社らのウェブブラウザ「Opera」の独占販売契約締結は、当社との合意に基づくものであること等を主張しておりますが、かかる事実はなく、同社らの行動は、当社にとって、全く予期に反するものでありました。

同社らのウェブブラウザ「Opera」を巡る一連の行為、事実と異なるプレスリリース等より、当社は多大なる損害を被りました。

当社は同社らに対する訴訟において、当社の社会的信頼および損害の回復を求め、正当な主張をしていく所存です。

本件に関するお問い合わせ

  • 株式会社トランスウエア PR担当 関口浩之
    -代表電話番号:03-5540-0083
    -FAX番号:03-5540-0084
    -Webサイト:http://www.transware.co.jp/

以上

※記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。