Operaブラウザ日本語版をトランスウエアより購入されたお客様へ

2005.09.21

お客様各位

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

2005年9月20日、ノルウェー王国のOpera Software ASA社とライブドア社の共同サイト(http://opera.livedoor.com/)において、同日より、ウェブブラウザ「Opera」が完全無料化されたことに伴い、ウェブブラウザ「Opera」のサポート窓口が変更される、との発表がありました。

上記発表では、ウェブブラウザ「Opera」のサポート窓口変更の対象商品は、ライセンス購入済のデスクトップ向けウェブブラウザ「Opera」の全製品であり、2005年12月1日以降は、ウェブブラウザ「Opera」のサポート窓口はすべてOpera Software ASAに変更される、としています。

しかし、当社よりウェブブラウザ「Opera」のライセンスをご購入されたお客様へのサポート及び個人情報の取扱は、2005年12月1日以降も、当社が継続して行ってまいります。

また、当社は、2005年6月22日に、Opera Software ASAとライブドア社の両社に対し、同社らのウェブブラウザ「Opera」の販売権を巡る一連の行為により、当社に損害を与えたとして、東京地裁に訴訟を提起しております。

今回のウェブブラウザ「Opera」の完全無料化と、上記訴訟とは直接の関連性はなく、現在も同訴訟は継続中であることを重ねてご報告致します。

以上

2005年9月21日 株式会社トランスウエア

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。