Email Security Conference 2005

2005.12.02

Email Security Conference

株式会社トランスウエアは2005年12月15日〜16日にTEPIAで開催される、Email運用におけるセキュリティ対策に特化した専門イベント「Email Security Conference 2005」に出展いたします。
Email Security Conference (ESC)は、企業内、そしてISPにて電子メールの運用に携わる方々の日常の問題を解決するべく、最新のEmail Security技術やノウハウなどの情報を共有する場を提供するイベントです。

Email Securityに課題を抱えている多くのお客様のご来場をお待ちしております。

トランスウエアブース

  • 会期: 2005年12月15日(木)〜2005年12月16日(金)
  • 会場: TEPIA(東京・青山)
  • 主催: メディアライブ・ジャパン

カンファレンスおよび展示会は有料の事前予約制を取っています。事前受付は公式サイトをご覧ください。

参考リンク:Email Security Conference

会場

TEPIA地図

  • 東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩4分
  • JR千駄ヶ谷駅、または信濃町駅から徒歩14分
  • TEPIA Webサイト(会場外観等)

更新履歴

  • 11/30:Email Secirity Conference情報ページを公開しました

トランスウエアブースの見どころ

トランスウェアはWebメールパッケージ製品分野では、大学を中心とした文教市場を中軸に、企業市場、公共市場においても幅広く採用されており、国内 No.1の導入実績を誇る電子メール専門メーカーです。本展示会では、国内市場をターゲットに開発し本年10月にリリースされたスパムメール対策ソフトウェアを中心に、eメールに関するセキュリティ・ソリューションをご紹介します。

※展示品や紹介内容は変更になる場合がございます。ご了承願います。

Active! hunter

SVM設定画面

「Active! hunter」は、第4世代の迷惑メール学習エンジン「SVM」や多重化されたフィルタ群より構成される迷惑メール対策製品です。日本国内の迷惑メール事情に最適化された処理と、多彩な管理・設定機能により、従来複数のソリューションの組み合わせで実現していた迷惑メール処理を一本で済ませることが可能です。

参考リンク:Active! hunter紹介ページ

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。