「F-Secureアンチウイルス」を搭載したアンチスパム製品の最新版「Active! hunter 2.0」をリリース開始

2006.08.21

国内開発メールフィルタを搭載し日本語迷惑メールを高精度で遮断

株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下トランスウエア)は、日本エフ・セキュア株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:渡邊 宏、以下エフ・セキュア)のアンチウイルス製品、「F-Secureアンチウイルス」をオプション搭載した、アンチスパム製品の最新版、「Active! hunter 2.0」を9月上旬より出荷開始します。

「Active! hunter 2.0」は、国内で開発することにより日本語の処理や日本国内に特有の迷惑メール事情に細かく対応し、日本語の迷惑メールを高精度で遮断するアンチスパム製品の最新バージョンです。迷惑メールエンジンには、迷惑メール業者による対策が進んでいるベイズ理論ではなく、最新のSVM(Support Vector Machine)を採用しています。また、メールサーバの上位にゲートウェイとして容易に設置することができ、通常のメールサーバの数倍にあたるメール処理性能によって迷惑メールを排除し、適切なメールの流量を確保する等、多くの優れた機能を搭載しています。

最新バージョンでは「F-Secure アンチウイルス」とのオプション連携によるウイルス検査機能の提供や、ユーザ毎のフィルタON/OFF設定機能、管理者向け(Ajaxを採用)/個人向け管理画面の国産ならでは使いやすいインターフェイスへの刷新、トランスウエアのWebメール製品である「Active! mail 6.0 with Interactive Design」とのデザイン統合等、迷惑メール、ウイルスの被害からユーザを守るEメールセキュリティソフトウェアとしてさらなる進化を遂げています。 

「Active! hunter 2.0」の価格は企業向けのスタンダードライセンスが50ユーザで273,000円(税別)から、文教向けのアカデミックライセンスが50ユーザで192,000円(税別)からになります。また、「F-Secureアンチウイルスオプション」はスタンダードライセンスが50ユーザ、初年度保守込みで123,000円(税別)から、アカデミックライセンスが50ユーザ、初年度保守込みで85,500円(税別)からの提供になります。 既に評価をいただいている海外製のアンチスパム製品にはないきめ細かな対応と、国内開発製品ならではのインターフェイスと使い勝手の良さを活かし、さらなる導入の拡大を目指します。

「Active! hunter 2.0」リリースに関するエフ・セキュアからのエンドースコメント

日本エフ・セキュア株式会社は、株式会社トランスウェアと「Active! hunter 2.0」のウイルス対策において業務提携し、全面的に支援します。
近年、E-mailの必要性は益々高まっており、それに伴い増え続ける迷惑メールや、迷惑メールで運ばれてくるウイルスによる被害が社会問題の一つとなっています。これらの問題に対して明確なメッセージと適切なソリューションを提供してきた両社の業務提携により、ユーザが安心して利用できる品質の高い製品を市場に供給できることを期待しています。

日本エフ・セキュア株式会社
代表取締役 渡邊 宏 様

「Active! hunter」について

「Active! hunter」は、新しい迷惑メール学習エンジン「SVM」や多重化されたフィルタ群により構成された大規模メールシステム向け迷惑メール対策製品です。日本国内の迷惑メール事情に最適化された処理と、多彩な管理・設定機能により、従来複数のソリューションの組合せで実現していた迷惑メール処理を「Active! hunter」のみで実現することが可能です。

参考リンク:

http://www.transware.co.jp/product/hunter/

URLが変更になりました。(2007-08-31)
http://www.transware.co.jp/product/ah/

トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築等を手がけるeメールソリューション専門企業です。主力製品「Active! mail」は文教分野のWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、国内主要大学でのIT人材の育成や、企業コミュニケーションの効率化に貢献しています。詳しくはWebサイトの導入事例と導入実績を参照ください。

参考リンク:

http://www.transware.co.jp/

主要機能

多角的なフィルタリング機能

  • IPレベル、SMTPレベルのフィルタ
  • DNSBLフィルタ
  • 最新学習型フィルタ(SVM)による優れた分類
  • 管理者フィルタキーワードのLive Update提供

エンドユーザ向け機能

  • 日々の遮断情報をスパムレポートとしてメール送信
  • エンドユーザ用のGUI(パーソナルコントローラ)で、誤遮断メールの転送/フィルタ設定可能
  • ユーザ毎のフィルタON/OFF設定機能

システム管理者向け機能

  • 受信者別の統計やフィルタ順位などの統計情報表示
  • サーバステイタス(メモリ・CPUなど)や管理者アクセス履歴もGUIにて確認可能

容易なユーザ管理

  • CSVインポートによるユーザ管理
  • LDAPサーバと連携したユーザ管理

オプション

  • エフ・セキュアとの連携によるウイルスチェック機能

対応OS(予定)

  • Red Hat Enterprise Linux AS/ES 3.0/4.0

参考価格(予定)

スタンダードライセンス(企業版)
50ユーザ:273,000円(税抜き)から
F-Secureアンチウイルスオプション
50ユーザ:123,000円(税抜き)から
アカデミックライセンス(文教版)
50ユーザ:192,000円(税抜き)から
F-Secureアンチウイルスオプション
50ユーザ:85,500円(税抜き)から

出荷開始予定日

  • 2006年9月上旬

お問合せ先

  • 株式会社トランスウエア 営業部
    eメール:active@transware.co.jp
    Tel:03-5540-0083

報道関係者様お問合せ先

  • 株式会社トランスウエア 佐々木 泰
    eメール:y_sasaki@transware.co.jp
    Tel:03-5540-0083

※トランスウエア及びActive! hunterは株式会社トランスウエアの登録商標です。

以上

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。