センドメールとトランスウエアがWebメールとメールサーバの機能連携・共同提案で協業

2007.05.14

システム全体の信頼性を大幅向上させたWebメール環境を提供

センドメール株式会社
株式会社トランスウエア

センドメール株式会社(本社:東京都港区、社長:小島國照、以下センドメール)と株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下トランスウエア)は、Webメールとメールサーバの機能連携の開発・検証を共同で行い、企業・公共・文教などの幅広いユーザ向けに共同でメール・ソリューションを提供していくことに合意いたしました。連携ソリューションであるSendmail対応Ajax版Webメール製品「Active! mail 6 for Sendmail Edition」は2007年6月15日より出荷を開始いたします。

現在Webメールは、インターネット環境とブラウザがあればどこからでも利用が可能という利便性とサーバ側での一元管理を可能にする管理のしやすさ、クライアント端末にデータを一切残さないという情報漏洩対策等の理由により企業市場への導入が急速に進んでいます。センドメールが提供するメールサーバ「Sendmail Mailcenter Store」とトランスウエアが提供するWebメール「Active! mail」をシームレスに連携させることにより、高いパフォーマンスと信頼性、ユーザビリティを兼ね備えたWebメールシステム環境の提供を可能にします。ユーザはメールシステム全体の信頼性を大幅に向上させたWebメールサービスを利用することができるようになり、ワンストップサポートの提供により運用時の問題切り分け等の手間が不要になります。

本ソリューションによる主な連携機能は以下になります。

  • ユーザの登録/削除、クオータ設定等の管理者インターフェースの 「Sendmail Mailcenter Store」への統合。
  • エンドユーザインターフェイスの一元化による統合により、 「Active! mail」のインターフェイスよりパスワード変更、条件付き 転送設定、受信メールのフォルダ振分け設定等の機能を提供。
  • 携帯電話、PDA等のモバイル環境からも「Sendmail Mailcenter Store」のMail Boxを見ることが可能に。

SAMS/A!m連携構成図

想定されるお客様層は、従業員数300人以上の中規模から大規模の一般企業、官公庁/地方自治体、文教市場の信頼性の高いメール環境にてWebメールの便益を利用されたいお客様になります。本連携ソリューションのリリースを記念して、想定市場のお客様に向けた特別価格によるキャンペーンの実施を予定しています。詳細は追って発表いたします。

また、トランスウエアは2007年5月16日(水)より5月18日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「第4回 情報セキュリティEXPO」に出展いたします。ご多忙のことと存じますが、是非ご来場いただき、最新のソリューションをご体感いただければと思います。

「Sendmail Mailcenter Store」について

MTA に、標準に準拠した POP/IMAP サーバ、および専用データベースによるメールストアを統合したMailcenter Storeは、数百〜数百万アカウント以上に対応可能なスケーラビリティを持ち、ISPはもちろん、
保険、運輸、販売、製造などあらゆる企業、大学・研究 所などの教育機関に、キャリアグレードのメールストレージとアクセスを提供するコストパフォーマンスに優れたメールホスティングソリューションです。Mailcenter Storeは、MTA、POP/IMAP、メールストア管理を、Web
ベースのGUIによる同一の操作性で設定可能。管理権限分散機能を持ち、サイト管理者、ドメイン管理者など、複数の管理者で作業を分担し運用管理を効率化することも可能です。

参考リンク:

http://www.sendmail.co.jp/products/mailcenterstore/

「Active! mail」について

「Active! mail」は、既に多くの企業・教育機関・自治体等に導入され(累計700万アカウント)、高い信頼を得ている、実績のあるWebメールパッケージです。様々なUNIXサーバに対応し、また、4カ国語のインターフェースや多言語の同時表示など、既存のクライアント型メールシステムと同等以上の操作性を備えながらWebブラウザのみでメールの送受信が可能という手軽さ、また、標準で迷惑メール対策機能を備え、SSL暗号化等のセキュリティ対策も施された高機能さが支持されています。

参考リンク:

http://www.transware.co.jp/product/am6/

センドメールについて

Sendmail社(Sendmail,Inc. 本社:カリフォルニア州エメリビル)は、オープンソースのメール配送エージェント(MTA:Mail Transfer Agent)である「sendmail」の開発者であり、”Eメールの生みの親”と言われているエリック・オールマン(現CSO)により、ビジネスユーザのニーズに対応するために1998年に設立されました。現在は、スパム/ウィルス対策、トラフィック制御、コンプライアンス遵守のためのメールアーカイブなどの各種ソリューションを含め、ゲートウェイからメールボックスまで、信頼性の高いメッセージング基盤構築のための製品・技術サポートをトータルに提供しています。Fortune10の内7社、Fortune100の50%がSendmail社の商用製品を採用し、日本国内でも、官庁、自治体、企業、大規模ISPで3万ライセンス以上の出荷実績があります。英国、ドイツ、フランス、および東京(アジア太平洋地域)に拠点を擁し、日本法人は、2003年1月に設立されました。

参考リンク:

http://www.sendmail.com/
http://www.sendmail.com/jp/

トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築等を手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」は文教分野のWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、国内主要大学でのIT人材の育成や、企業コミュニケーションの効率化に貢献しています。詳しくはWebサイトの導入事例と導入実績を参照ください。

参考リンク:

http://www.transware.co.jp/

報道関係者様お問合せ先

  • センドメール株式会社 末政(すえまさ) / 小島
    eメール:marketing-japan@sendmail.com
    Tel:03-5537-0145
  • 株式会社トランスウエア 佐々木
    eメール:y_sasaki@transware.co.jp
    Tel:03-5540-0083

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。