有限会社テックリンク 新型学習エンジン搭載 高精度判定の「迷惑メール遮断専用アプライアンスTECLINK Anti-SPAM APPLIANCE JUNIOR10」の販売を開始

2007.10.10

有限会社テックリンク
株式会社トランスウエア

有限会社テックリンク(本社;大阪府大東市、支店;東京都大田区、代表取締役;坂 憲一)は、eメールソフトウェアの開発・システム構築などを手掛け、eメールを中心とした事業展開を行なう企業、株式会社トランスウエア(本社;東京都中央区、代表取締役;松田 賢)が開発した日本語迷惑メールの最適化を目指した「Active! hunter」を同社の協力を得て、TECLINK Anti-SPAM APPLIANCE 「JUNIOR10」迷惑メール遮断専用アプライアンスの開発を行い、2007年11月1日より製品の販売を開始致します。

電子メールがコミュニケーションの必需品となった今日、どこから個人情報を入手するのかは不明ですが、頼みもしないものを有無を言わさず送り続ける行為は迷惑この上ないものです。これらの迷惑メールは、企業活動に多大な影響を与えるようになっており企業にとって大きな課題となっております。

コミュニケーション侵害行為 迷惑メール撃退

「JUNIOR10」は、メールサーバの手前にゲートウェイとして設置するため、導入に際して既存のネットワークへの影響が少なく、また通常のメールサーバの数倍にあたるメール処理性能によって迷惑メールを排除し、適切な流量を確保します。メールサーバに対する不正な接続に対しても、接続拒否などの対策で安全を確保します。
また、迷惑メール業者による対策が進んでいるベイズ理論に代わり、学習エンジンとしてSupport Vector Machine理論(SVM)を採用。SVMは迷惑メールと正常メールの判定基準作成に最適なサンプルを抽出する、優秀な学習理論です。ベイジアンフィルタの性能を混乱させる迷惑メールに対しても、正確な判定性能の維持が可能です。

特徴

特徴① 初期に多くのライセンスは不要

「JUNIOR10」は、初期に10個のライセンスを標準装備しております。企業活動において、公になっているパブリックアカウント(sales@〜、info@〜、account@〜、support@〜、press@〜、等)から迷惑メールの遮断対策を行う事が、対策の第一歩と考えました。一度に大量のライセンスという発想ではなく、対策が必要な人毎に、順に、個別に高度な設定を行い、必要な時にライセンスの追加が簡単に行えます。

特徴② ブリッジモード、バイパスモードに対応

「JUNIOR10」は、既存ネットワークの設定を変更することなく、導入することが出来ます。内部設定も簡易ウィザードを用意しており、わずか8STEPで高精度な遮断設定が出来ます。万が一、機器に不具合が発生した場合、バイパスモードに切り替わり通信に影響を与えない設計となっております。

特徴③ 低価格実現

従来の迷惑メールアプライアンスの1/2〜1/3のコストで導入が可能です。企業規模に関係なく、低価格で導入が出来ます。

機能

主な機能:

  • 多彩なフィルタリング
    • オートIPブロッキングによるSMTPコネクションフィルタ
    • 管理者/ユーザ双方が設定可能なB/Wリストによる送信者フィルタ
    • メールサイズ/メール数/受信者数の制限フィルタ
    • メールの添付ファイル数/添付ファイル名の制限フィルタ
    • 管理者/ユーザ双方が設定可能なメールヘッダ/本文のキーワードフィルタ
    • SVM自動学習フィルタ
  • 管理機能    
    • スパム処理/メールフロー制御/メールログ確認
    • SMTPモニタ
    • 統計レポート(Microsoft Excel対応)
    • システムモニタ
  • その他
    • マルチドメイン対応
    • ドメイン/ユーザレベルでのフィルタフロー制御が可能
    • SMTP認証に対応
    • Live Updateによるキーワードパターン提供
    • ブリッジモードに対応
    • バイパスモードに対応
    • 楽々簡易設定ウィザード装備

有限会社テックリンクでは、2008年12月末までに500台の「JUNIOR10」の販売を目指しています。尚、本サービスの販売開始に伴い、2007年10月24日(水)〜26日(金)に日経BPが主催する「Security Solution 2007」(会場:東京ビッグサイト)に出展し、より多くの皆さまに真に価値ある迷惑メール対策の啓蒙と必然性の認知に努めます。

今後も、有限会社テックリンクでは、時代のニーズにあった製品開発・サービスをユーザに提供するため、サービスとラインナップの充実を図っていく予定です。

有限会社テックリンク

ネットワークセキュリティの製品開発に特化し、製品の販売並びに企画・コンサルティングまでのトータルソリューションを手掛けるメールセキュリティ専門企業。独自の商品企画力と広範な地域をカバーする代理店網を誇っています。

本社    : 大阪府大東市深野5丁目22番
支店 : 東京都大田区新蒲田1丁目13番2号 佐藤建興ビル5F 
設立 : 2003年11月
代表者 : 代表取締役 坂 憲一
資本金 : 450万円
主力製品 : メールタンク
WEBサイト : http://www.teclink.co.jp/

株式会社トランスウエア

株式会社トランスウエアは、eメールソフトウエアの開発・システム構築等を手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」は商用Webメールでは国内No.1の販売実績を持ち、また迷惑メール対策製品「Active! hunter」は「日本語迷惑メール対応」「最新の学習エンジンSVMの採用」「ユーザ毎の管理・設定画面」の3つの特長を持ち、一般企業や文教機関の快適なメール環境の実現に貢献しています。

所在地 : 東京都中央区新川1-6-11ニューリバータワー5F
設立   : 1993年10月
代表者 : 代表取締役 松田 賢
資本金 : 8,500万円
URL  :  http://www.transware.co.jp/

関連URL:

有限会社テックリンク : http://www.teclink.co.jp/
株式会社トランスウエア : http://www.transware.co.jp
Security Solution 2007 : http://expo.nikkeibp.co.jp/secu-ex/

*記載の会社名および製品、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問合せ先

  • <読者問い合わせ窓口>
    有限会社テックリンク 広報担当 
    e-mail:info@teclink.co.jp
  • <報道関係問い合わせ窓口>
    有限会社テックリンク 広報担当 土屋
    電話:03-5711-3326  e-mail:info@teclink.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。