トランスウエアとCLOUDMARKが提携、スパム・マルウェアの脅威から国内のユーザを保護

2008.02.04

〜Cloudmark Authorityを採用した業界最高レベルのメッセージングセキュリティ機能でユーザを保護〜

Cloudmark, Inc.
株式会社トランスウエア

業界最高レベルのメッセージングセキュリティをグローバルに提供するCloudmark, Inc.(本社:米国サンフランシスコ、代表取締役:Hugh McCartney、以下Cloudmark)と株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下トランスウエア)は、提携を通じて「Cloudmark Authority」をトランスウエアの主力製品であるアンチスパムの最新版「Active! hunter 3.0」に統合することを発表いたします。本提携により、トランスウエアは既存のユーザや今後導入を検討されている国内の企業、官公庁、教育関連機関、サービスプロバイダ等に対しても、業界最高レベルの処理速度と検出精度を誇るメッセージングセキュリティソリューション「Cloudmark Authority」を提供することが可能になります。Cloudmarkのソリューションは世界各国の3億を超えるメールボックス、100社を超えるサービスプロバイダとモバイルオペレ-タに利用され、日本のISP TOP10社中7社でも導入されています。

トランスウエアの代表取締役 松田賢は「いくつかのメッセージングセキュリティのプラットフォームを評価しましたが、テスト対象の製品の中で「Cloudmark Authority」は、スパムメールの検出精度が最高水準でした。社内のネットワーク環境での比較評価検証においても、画像ファイル、PDFファイル及び日本語特有のスパム攻撃に対して、誤判定をまったく生じませんでした。国内ユーザによるCloudmarkのテクノロジへの高い評価とブランド力及び信頼性を考慮しても、Cloudmark はメッセージセキュリティソリューションの提携先として最適でした」と述べています。

「Cloudmark Authority」はスパム、フィッシング及びウイルスメールを含むあらゆるメッセージングの脅威と攻撃に対し、送受信の双方においての保護を可能にします。新たなスパムメールを瞬時に自動的に検出する高度なメッセージングセキュリティ技術「Advanced Message Fingerprinting」を採用し、世界200カ国以上のユーザで形成される大規模ネットワークコミュニティ「Global Threat Network」から寄せられるリアルタイムフィードバックでスパム情報が更新されます。

Cloudmarkのアプローチは、複雑で手間がかかるスパム判別ルールの作成・管理作業を伴いません、また脅威や攻撃が検出された後から対処をしなければいけない従来型のパターン検出とも異なります。Cloudmarkのリアルタイム自動スパム判別システムは、98パーセント以上の高い精度でスパムメールを検知し、誤判定をゼロに抑えるとともに、CPUやサーバ及びリソースの低コスト化も実現できます。さらに、言語に依存しないスパム解析手法とアプリケーションを効果的に活用するために、日本語、中国語及び韓国語を含むデータ形式のスパムメールに対応します。

Cloudmarkのアジア・パシフィックビジネス開発部門VPであるDavid Somervilleは次のように述べています。「トランスウエアはアジアでも有数のeメールソリューションカンパニーであり、大規模サービスプロバイダから政府公共機関まで、多くのユーザにソリューションを提供しています。スパムメールのリスクが世界中で急速に高まる中で、アジアの企業は地域言語による正確なメッセージフィルターリングを必要としています。Cloudmarkの業界でも最高水準の処理性能と検出精度を備えた包括的なeメールセキュリティソリューションを、トランスウエアのユーザの方々にも提供して参ります」

トランスウエアの「Active! hunter」は、国内の企業や教育機関における理想的なアンチスパムゲートウェイです。高度な17種類のフィルタ群をもとに、日本語スパムに最適化されたフィルタでお客様を守ります。「Active! hunter」は、日本語、中国語及び韓国語等のダブルバイトのスパムに加えて、英語等のシングルバイトのスパムに対しても高い威力を発揮します。


トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築等を手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのIT人材の育成やコミュニケーションの効率化に貢献しています。詳しくはWebサイトの導入事例と導入実績を参照ください。 

参考リンク:

http://www.transware.co.jp/

Cloudmarkについて

Cloudmark, Inc.は、キャリアグレード・メッセージングセキュリティのグローバルリーダーであり、業界で最速、最も総合的で精度の高いリアルタイムのスパム、ウイルス、フィッシング防止策をネットワーク・モバイルネットワークに提供しています。Cloudmarkソリューションは、革新的な高性能アルゴリズムに基づく非常に高度なAdvanced Message Fingerprinting、セキュリティ・インテリジェンス、及びフィルタリングをメッセージングインフラ全ヵ所に提供する、163ヶ国の信頼できるレポーティングから構成されるGlobal Threat Networkの技術を組み合わせています。現在、Cloudmarkソリューションは1億8千万のメールボックス、および世界最大のサービスプロバイダやモバイルオペレータネットワーク80社に導入されています。利用者にはTele2、Thus/Demon、Cox Communications、NTTコミュニケーション、SprintNextel、Virgin Mobile、UPC Chelloなどが含まれます。Cloudmark社はサンフランシスコに本社を置き、ロンドン、東京、北京、香港にオフィスを設置しています。詳細な情報につきましては、Webサイトを参照ください。

参考リンク:

http://www.cloudmark.com

本リリースに関するお問い合わせ先

  • Marisa Borgasano 及び Payal Cudia
    Schwartz Communications, Inc.
    cloudmark@schwartz-pr.com
    +1.415.512.0770
  • 株式会社トランスウエア
    経営企画部 佐々木
    Tel : 03-5540-0083
    eメール : y_sasaki@transware.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。