「ファイル管理」と「メール添付をしないファイル送信」を可能にするWebメール「Active! mail 6.21」をリリース開始

2008.04.01

〜メールサーバの制限を越える容量のファイルでも送信でき誤送信のリスクも回避〜

株式会社トランスウエア

株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下トランスウエア)は、商用Webメール製品の最新版「Active! mail 6.21」の出荷を開始したことを発表します。「Active! mail」はAjaxを採用し、ユーザビリティとパフォーマンスに優れた企業・文教向けWebメールのスタンダードです。最新バージョンの「Active! mail 6.21」では、基本機能の強化に加え、Webサーバ上でのファイル管理とファイルをメール添付することなく第三者に送信することを可能にする「ファイル管理拡張オプション」をオプション実装しています。

「ファイル管理拡張オプション」はファイルを「Active! mail」のインターフェースからWebサーバ上で管理することで、Webメールと同じようにいつでもどこでもファイルを取得することができ、メールにファイルを添付しないことで大容量のファイルでもメールサーバの制限を越えて第三者に送ることができます。また、ファイルを誤送信するリスクを回避することも可能になります。主に次の二つの機能から構成されています。

<ファイル管理機能>

ファイルをWebサーバで管理する個人ユーザ向けの機能です。
  • 「Active! mail」の専用画面からファイルをサーバにアップロード
  • アップロードされたファイルのリスト管理
  • ファイルリストから特定のファイルをダウンロード

ファイル管理機能

<ダウンロードチケット機能>

ファイル管理機能で管理しているファイルをメールに添付することなく第三者に送信する機能です。
  • ファイル管理機能で管理されているファイルの一覧からダウンロードさせたいファイルを選択してダウンロードチケットを発行
  • 発行したダウンロードチケットを管理(表示・削除)
  • ダウンロードチケットの受取人がファイルをブラウザからダウンロード

ダウンロードチケット機能

「Active! mail 6.21」では基本機能も大幅に強化されています。受信メール一覧からダブルクリックでメール本文を別ウインドウ表示させたり、表示させた別ウインドウから「返信」「転送」等の操作をすることも可能です。アドレス帳から宛先を選択しドラッグ&ドロップで宛先カートに挿入することで、アドレスを挿入したメールを作成(送信)したり、スケジューラからスケジュールの詳細が入力されたメールを作成(送信)したりする機能も備えています。「メール作成」の画面では前回編集した内容を復元する機能を実装しました。「送信」「下書き保存」「破棄」の他、誤ってブラウザの「閉じる」ボタンでメール作成画面を閉じてしまった場合にも復元させることができる便利な機能です。また、携帯電話などのモバイル版では共有アドレス帳の検索機能も追加され、さらに使いやすいモバイルでの使用環境を実現しています。Mac版ブラウザの「Safari3」や「Dovecot-IMAP」にも対応しました。

Active! mail 6 について :
http://transware.co.jp/product/am6/
ファイル管理拡張オプションについて :
http://transware.co.jp/product/am6/file_op.html

Active! mail 6の特長

  • 累計700万アカウントの導入実績を誇るWebメールのスタンダード
  • Ajaxを採用して快適なユーザビリティとパフォーマンスを実現
  • ドラッグ&ドロップによるデータ移動などデスクトップアプリケーションと変わらぬ操作性
  • ビジネス環境での利用に適した機能の実装
    • 階層化された共有住所録・フォルダ、開封確認通知機能、メールの自動振分け、メールの条件付き自動転送、迷惑メールフィルタ、宛先の入力補完機能、送信履歴からの宛先選択、署名管理、定型文とマクロ、メールテンプレート機能など
  • 情報漏えい対策とセキュリティ対策
    • メールデータをクライアント側に持たせないことで情報漏えいを防止、パスワード有効期限の設定、パスワード保存の許可の設定、セッション有効時間の設定、迷惑メール対策、添付ファイル他のアップロード/ダウンロードの管理者による制御、管理者権限の2階層設定、監査用のメールアドレス設定など

新機能

  • ファイル管理機能(有償オプション)
  • メール一覧からダブルクリックでのメール本文別ウインドウ表示
  • メール本文を別ウインドウで開いた場合の「返信」「転送」等の操作メニュー
  • アドレス帳からのメール送信(作成)機能
  • スケジューラからのメール送信(作成)機能
  • 直前の送信内容再現機能
  • モバイル版共有アドレス帳検索機能
  • Mac版Safari3対応
  • Dovecot対応 他

Active! mail 6の価格

スタンダードライセンス(企業向け)

  • 25ユーザライセンス : 154,350円(税込み)から
    • マルチサーバ/マルチドメイン/バーチャルドメイン対応を標準実装
    • ファイル管理拡張オプション(25ユーザライセンス) : 47,460円(税込み)から

アカデミックライセンス(文教向け)

  • 25ユーザライセンス : 102,900円(税込み)から
    • マルチサーバ対応を標準実装
    • マルチドメイン/バーチャルドメイン対応をオプション提供
  • ファイル管理拡張オプション(25ユーザライセンス) : 31,605円(税込み)から

「Active! mail」について

「Active! mail」は、既に多くの企業・教育機関・自治体等に導入され(累計700万アカウント)、高い信頼を得ている、実績のあるWebメールパッケージです。特に文教市場においては全国の大学の約6割、4年生国公立大学の約8割に導入されています。様々なUNIXサーバに対応し、また、4カ国語のインターフェースや多言語の同時表示など、既存のクライアント型メールシステムと同等以上の操作性を備えながらWebブラウザのみでメールの送受信が可能という手軽さ、また、標準で迷惑メール対策機能を備え、SSL暗号化等のセキュリティ対策も施された高機能さが支持されています。
参考リンク:http://www.transware.co.jp/product/am6/

トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築等を手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのIT人材の育成やコミュニケーションの効率化に貢献しています。また、学習型スパムフィルタSVM(Support Vector Machine)と世界中で実績のあるコラボレーション型スパムフィルタCLOUDMARKのDoubleエンジンを搭載した国内開発のアンチスパム製品「Active! hunter」は日本語スパム・未知のパターンのスパム・画像スパム・PDFスパムなど多様化・巧妙化するスパムメールからお客様を守ります。詳しくはWebサイトを参照ください。
参考リンク :http://www.transware.co.jp/

本リリースに関するお問合わせ先

株式会社トランスウエア
経営企画部 佐々木
Tel : 03-5540-0083
eメール : y_sasaki@transware.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。