セキュリティに着目したメールアーカイブ製品  「Active! vault」の単体リリースを開始

2008.09.04

〜発売記念キャンペーン価格50%OFFでの提供を2009年3月31日まで延長〜

株式会社トランスウエア

株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下トランスウエア)は、2008年8月1日に出荷開始いたしましたメールアーカイブ製品「Active! vault」を単体製品として販売開始することを発表いたします。「Active! vault」は、トランスウエアのアンチスパム製品「Active! hunter」のオプションとして提供させていただいておりましたが、sendmail、Postfix、qmailなどの他のメールサーバ(MTA)にも対応させ、単体の製品としての提供を開始します。2008年9月末日にsendmail、Postfixへの対応を予定し(Milter方式)、qmail(パケットキャプチャ方式)などのその他のMTAにも順次対応させていきます。

また、「Active! vault」の発売を記念し、2008年9月30日までの間、通常価格の50% OFFで提供する発売記念キャンペーンを2009年3月31日まで延長させていただきます。当社製品のActive! mail(Webメール製品)、Active! hunter(アンチスパム製品)と同時購入していただくか、既に導入済みのお客様に適用されるセットライセンスの場合は、500ユーザで46万2千円(税抜き44万円)でご提供します。通常ライセンスの場合は、500ユーザで61万9千5百円(税抜き59万円)からになります。

「Active! vault」は特にセキュリティに着目して開発され、複数に階層化された管理機能やアクセスコントロール機能を持ち、全ての操作ログを参照することができるメールアーカイブ製品です。また、ローコストで導入のハードルが低く、メール保存コストを極力抑えながら受信したメールを確実に保存し検索する設計をしていますので、内部統制対策としてのメールアーカイブの導入を検討されている企業に最適な製品です。

アクセスコントロール画面
(アクセスコントロール画面)
アーカイブポリシー設定画面
(アーカイブポリシー設定画面)
高度な検索画面
(高度な検索画面)
Active! vaultについて http://transware.co.jp/product/av/

Active! vaultの主要な機能

アーカイブポリシーの設定

登録されたドメインやメールアドレスのみを選別して保存することも可能で、グループ登録をすることにより特定の部署やプロジェクト単位などでアーカイブする対象のメールを限定することも可能です。既存のMTAやLDAPサーバへのクエリ要求に対して得られた値により、アーカイブの対象/非対象を選別するなど様々な運用ポリシーに対応します。また、ポリシー設定により特定の条件に合致した必要なメールのみをアーカイブすることができ、データを圧縮してアーカイブすることでサーバのハードディスク容量を節約します。

階層化された管理機能

検索可能なユーザの登録承認や権限コントロール、アクセス・操作・検索の履歴の確認ができる「ユーザ管理者」、システム設定、アーカイブ設定、ユーザ設定などの運用操作が可能な「システム管理者」、アーカイブされたメールを与えられた権限内で検索・参照することができる「検索ユーザ」など、複数に階層化された管理機能を備えていますので各企業の内部統制ポリシーに適した柔軟な運用を可能にします。

アクセスコントロール

メールを検索できる検索ユーザの登録には必ずユーザ管理者の承認が必要で、IPアドレス、期間、曜日や時間帯などで検索ユーザの使用条件を制限することができます。また、すべてのユーザのActive! vaultへのアクセス、操作や検索履歴を閲覧することができるなど、セキュリティ対策も万全です。

必要なメールを確実に検索

受信期間、送受信メールアドレス、件名、本文内容/添付ファイル内容、添付ファイルの有無、添付ファイル名、Message-IDなど様々な条件設定でメール検索をすることが可能です。件名や本文だけでなく添付ファイルの内容もキーワードで検索できます。また、メールの検索結果は画面に表示させるだけではなく、csv、emlをzipで圧縮、emlをtarで圧縮、excelなど様々な形式でファイルとして保存させることも可能です。

Active! vaultのご参考価格

通常ライセンス:500ユーザ 123万9千円(税抜き118万円)から セットライセンス:500ユーザ 92万4千円(税抜き88万円)から
  • ユーザ数とはメールアカウント数です。
  • 別途メンテナンス費用が発生します。
  • セットライセンスは下記の場合に適用される価格です。
    • 当社製品のActive! mail或いはActive! hunterと同時購入の場合
    • 当社製品のActive! mail或いはActive! hunterを既に導入済みのお客様の場合
  • 500ユーザ以上は別途お問い合わせください。

発売記念キャンペーン価格

Active! vaultの発売を記念し、2009年3月31日までの間、通常価格の50% OFFで提供いたします。通常のライセンスの場合は500ユーザで61万9千5百円(税抜き59万円)から、セットライセンスの場合は500ユーザで46万2千円(税抜き44万円)でご提供します。

「Active! vault」について

「Active! vault」は、社内外を問わずに受信した電子メールを確実にアーカイブし、必要な時に検索・配送を可能にするメールアーカイブ製品です。アーカイブポリシーの設定は、期間/曜日/時間帯/ドメイン/グループ/メールアドレスなどを始め細かく設定することが可能で、既存のMTAやLDAPサーバへのクエリ要求に対して得られた値により、アーカイブの対象/非対象を選別することも可能です。また、アクセスコントロール機能により全ての操作ログを参照することができセキュリティ対策も万全です。
参考リンク:http://transware.co.jp/product/av/

トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築等を手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのIT人材の育成やコミュニケーションの効率化に貢献しています。詳しくはWebサイトの導入事例と導入実績を参照ください。
参考リンク:http://www.transware.co.jp/

本リリースに関するお問合わせ先

株式会社トランスウエア
経営企画部 佐々木
Tel : 03-5540-0083
eメール : y_sasaki@transware.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。