Email Security Expo & Conference 2008出展のお知らせ

2008.10.14

株式会社トランスウエアは2008年11月12日(水)〜11月13日(木)にベルサール神田にて開催される「Email Security Expo & Conference 2008」にシルバースポンサーとして参加いたします。

Email Security Conference ロゴ

「Email Security Expo & Conference 2008」は、日々悪質化の度を増し続ける脅威に対しての電子メールセキュリティやWebアプリケーションにおける最新のSecurity技術やノウハウなどの情報を共有する場を提供するイベントです。 ご多忙のことと存じますが、是非ご来場下さいますようご案内申し上げます。

開催概要

会期2008年11月12日(水)〜11月13日(木)
会場ベルサール神田
東京都千代田区神田美土代町
主催CMPテクノロジージャパン株式会社
対象企業、ISPにおける電子メールシステム運用管理関係者
参加料金
  • 展示会:3,000円(税込) 事前登録により無料
  • コンファレンス:
    • 1日券…25,000円(35,000円)
    • 2日券…35,000円(50,000円)
( )内当日料金・いずれも税込
お申込みと詳細公式サイトよりご登録下さい
http://www.cmptech.jp/esc/

カンファレンス概要

<S11>

日時2008年11月12日(水) 13:10〜13:55
タイトル情報漏えいを防ぐメール誤送信対策の考え方とメソッドについて
〜Active! gateで実現するメール誤送信対策〜
講演者
平野 善隆
株式会社トランスウエア
開発部 第2開発グループ
課長
講演概要2005年4月1日に個人情報保護法が施行されてから、3年以上が経過しました。しかしながら、メールの誤送信に起因する情報漏えいの事故はいまだに増え続けています。その多くは、うっかりミスによる人的要因によるものであり、事故を未然に防ぐことが可能なものばかりです。電子メール経由の情報漏えいが増え続けているという事実は、企業によるメール誤送信に対する対策が未だ不十分であることを示しています。本セッションでは誤送信対策の考え方と起こりうる事態を想定した誤送信防止の様々なメソッドを紹介し、内部からの情報漏えい対策に大きな効果を発揮するメール誤送信対策についてご説明します。

出展概要

トランスウエアでは情報漏えい防止、誤送信防止、メールアーカイブ、スパムメール対策、ウイルスメール対策など、お客様のビジネスメール環境を取り巻く課題に対するソリューションをご提案します。"割符"機能を組み込んだビジネスWebメールソフト「Active! mail」、内部統制をローコストで確実に実現するメールアーカイブ「Active! vault」、メールの誤送信を防止する「Active! gate」、などのデモンストレーションをご覧いただけます。

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。