「メール誤送信対策」と「添付ファイルの暗号化」を1つの製品で実現する  「Active! gate」をリリース開始

2008.11.11

〜 発売記念キャンペーン価格 50ユーザ(企業向け) 13万5千円(税抜き)からご提供 〜

株式会社トランスウエア

株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下トランスウエア)は、「メール誤送信対策」と「添付ファイルの暗号化」を1つの製品で実現する「Active! gate」を2008年12月1日から出荷開始することを発表いたします。メールの誤送信による情報漏えい事故は依然増え続けています。その多くはうっかりミスによる人的要因によるものであり、未然に防ぐことが可能なものばかりです。メール経由の情報漏えい事故が増え続けているという事実は、企業によるメール誤送信対策が未だ不十分であるということを示しています。社員のモラル向上やクライアント側だけの対策だけでは、うっかりミスによるメール経由の情報漏えいは防ぐことができません。「Active! gate」は、送信メールの一時保留と添付ファイルの暗号化という2つの情報漏えい防止のアプローチを1つの製品で実現することにより、メール経由の情報漏えい事故を確実に防ぎます。

「Active! gate」は社内からのメール経由の情報漏えいや添付ファイルによる情報流出など、メール経由の情報漏えいをゲートウェイ上で未然に防ぎ、メールの門番的役割を果たす誤送信対策製品です。「送信メールの一時保留機能」、「添付ファイルの暗号化機能」、「メール本文と添付ファイルの分離機能」、「送信拒否機能」などにより、「宛先間違い」、「意図しない大量メールの一斉配信」、「添付ファイルの情報漏えい」、「うっかりミス」を阻止します。また、管理者によるポリシー設定とユーザによる設定を柔軟に選択することが可能で、利用するユーザは個人毎に設けられた専用のWebブラウザ画面(パーソナルコントローラ)でメール保留状態の閲覧や設定をすることが可能です。

トランスウエアでは「Active! gate」の発売を記念し、発売開始から2009年3月31日までの間、通常価格の50% OFFで提供いたします。企業向け 50ユーザの場合は13万円5千円(税抜き)からになります。

また、トランスウエアでは2008年11月12日より開催されるEmail Security Expo & Conference 2008にシルバースポンサーとして出典し、「Active! gate」を参考出展いたします。
Active! gateについて
http://www.transware.co.jp/product/ag/

保留メール・設定画面
(保留メール・設定画面)
パーソナルコントローラ画面
(パーソナルコントローラ画面)

※画面は開発中のものです。実際の製品とは一部異なる場合がございます。


Active! gateの特長

  • 一時保留メールを本当に送信して良いかを本人が判断するため監査する人が不要
  • ユーザ個人毎に必要なポリシー作成が可能で、監査ポリシーの作成が必須ではない
  • 宛先に社内がある場合は社内の宛先に先に送信するため、社外に送信する前にミスに気付くことができる
  • 監査的なポリシーも作成することが可能
    • 承認などの煩雑なワークフローは使用しない
    • 保留してユーザが自分で確認後配送することが可能
    • 保留となった場合、エラーメールとして送信者に通知することが可能

Active! gateの機能概要

送信メールの一時保留機能

管理者或いはユーザが設定したポリシーに該当したメールを一時保留し誤送信を防止します。例えば、メール送信の際に多くの内部宛アドレスに外部宛てアドレスが混入している場合、設定数以上の宛先を含んだ大量の一斉配信、ファイルの添付忘れや宛名の敬称忘れなどの「うっかりミス」を検知し送信メールを一時保留します。

添付ファイルの暗号化機能

添付ファイルはPDFやzipファイルに変換し、ファイルを開くパスワードを発行したり、サーバ上に保管しダウンロードURLを発行したりすることでWebブラウザ上からダウンロードされることなどが可能です。また、ファイル名は無意味なものが使用されるため、元の添付ファイル名の個人情報なども保護されます。

メール本文と添付ファイルの分離機能

管理者やユーザが設定した条件により、添付ファイルを分離し本文のみを送信します。分離された添付ファイルはサーバに隔離され、メール受信者は添付ファイル付きのメール毎に発行されるワンタイムURLにアクセスすることで添付ファイルをダウンロードすることが可能になります。送信の際に隔離された添付ファイルは、送信者が任意に削除やロック、ダウンロード可能日数などを変更することができ、ダウンロード履歴を確認することも可能です。

送信拒否

管理者は時間帯や送信者などの設定した条件によりメールの送信自体を拒絶することが可能です。メールの送信が拒否された場合、送信者には送信拒否を通知するメールを送信することができます。

管理者によるポリシー設定とユーザ設定機能

管理者は送信拒否、保留、添付ファイル変換などのメールを送信する際の設定を行えます。保留に関する設定では、全体の保留条件を設定する「ポリシー」や保留をしない条件を設定する「例外リスト」の他、特定のユーザに対するポリシーや例外リストの設定を行う「ユーザポリシー」や「ユーザ例外リスト」の設定を行うことができます。また、ユーザは管理者とは別の個人毎の設定を行うことが可能で柔軟な運用を可能にします。

個人毎の管理・設定Web画面(パーソナルコントローラ)

ユーザ個人毎の管理・設定は専用のWeb画面(パーソナルコントローラ)によって行います。保留となっているメールを確認後に修正して配送したり、個人毎の「保留ポリシー」や「例外リスト」を作成したりすることが可能です。

Active! gateのご参考価格

  • スタンダードライセンス(企業向け) 50ユーザ 27万円(税抜き)から
  • アカデミックライセンス(文教向け) 50ユーザ 18万円(税抜き)から

発売記念キャンペーン価格

Active! gateの発売を記念し、発売開始から2009年3月31日までの間、通常価格の50% OFFで提供いたします。スタンダードライセンス(企業向け)50ユーザの場合は13万5千円(税抜き)アカデミックライセンス(文教向け)の場合は9万円(税抜き)からの提供になります。

「Active! gate」について

「Active! gate」は「うっかりミスによる」社内からのメール経由の情報漏えいや添付ファイルによる情報流出などを未然に防ぎ、メールの門番的役割を果たす誤送信対策製品です。「メール誤送信対策」と「添付ファイルの暗号化」のメール経由の情報漏えいを防ぐ2つのアプローチを1つの製品で統合して実現しています。
管理者によるポリシー設定とユーザによる設定を柔軟に選択することが可能で、利用するユーザは個人毎に設けられた専用のWebブラウザが面(パーソナルコントローラ)でメール保留状態の閲覧や設定をすることが可能です。

参考リンク:http://www.transware.co.jp/product/ag/

トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築等を手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのIT人材の育成やコミュニケーションの効率化に貢献しています。詳しくはWebサイトの導入事例と導入実績を参照ください。

参考リンク:http://www.transware.co.jp/

本リリースに関するお問合わせ先

株式会社トランスウエア
経営企画部 佐々木
Tel : 03-5540-0083
eメール : y_sasaki@transware.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。