第6回 情報セキュリティEXPO出展のお知らせ

2009.04.07

情報セキュリティEXPO Banner

2009年5月13日(水)から5月15日(金)に東京ビッグサイトにて開催される、情報セキュリティ対策のあらゆる製品が一堂に集まる専門展「第6回 情報セキュリティEXPO」に出展いたします。トランスウエアは特設ゾーンの「メールセキュリティゾーン」への出展になります。 ご多忙のことと存じますが、是非ご来場下さいますようご案内申し上げます。

開催概要

  • 会期:2009年5月13日(水)〜5月15日(金)
  • 会場:東京ビッグサイト 西展示棟 西2ホール 西7-70
  • 主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
  • 参加料金:5000円(消費税込み、事前登録者は無料)
  • お申込みと詳細 :公式サイトよりご登録ください
http://www.ist-expo.jp/

出展概要

情報漏えい防止、誤送信防止、メールアーカイブ、スパムメール対策、ウイルスメール対策など、お客様のビジネスメール環境を取り巻く課題に対するソリューションをご提案します。弊社ブースでは各製品の最新版のデモンストレーションをご覧いただけます。

【Active! gate】
「Active! gate」は「メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「メール本文と添付ファイルの分離」「メールの送信拒否機能」の4種のアプローチを1つの製品で実現し、メール経由の情報漏えいを防ぐ最新の誤送信防止ソリューション。

【Active! vault】
導入や運用時のコスト、セキュリティ、ネットワーク負荷、ディスク容量などの導入時のさまざまな懸念を解決し、運用において本当に必要な機能を厳選して実装。自社での内部統制ポリシーに柔軟に対応するシンプルセキュアなメールアーカイブ。

【Active! hunter】
99%以上のスパム検知率を誇る「クラウドマーク」と日本国内特有のスパム情報を累積学習した「SVM」の強力なツインエンジンがメール環境を保護。環境に応じてアプライアンスとソフトウエアの2つの製品タイプから選ぶことができる最新のアンチスパム。

【Active! mail】
最新版「Active! mail6.3」は、メール受信画面のペイン切り換えやHTMLメールの作成、モバイル環境での添付ファイルのプレビューが可能など、ユーザビリティにこだわったさまざまな機能を強化。使いやすさを追求したビジネスWebメールのスタンダード。

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。