カスペルスキーとトランスウエア、マルウェア対策エンジンの提供について提携

2009.05.12

〜 「カスペルスキー」「クラウドマーク」「SVM」で業界最高水準のメールセキュリティを実現 〜

    株式会社Kaspersky Labs Japan
    株式会社トランスウエア

    株式会社Kaspersky Labs Japan(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 川合 林太郎、以下カスペルスキー)と株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役 松田 賢、以下トランスウエア)は業務提携し、トランスウエアが提供する「クラウドマーク」と「SVM」の強力なツインエンジンを搭載したアンチスパム「Active! hunter」の最新バージョン「Active! hunter 3.2」にカスペルスキーのマルウェア対策エンジンの「Kaspersky Anti-Virus」をオプション搭載して提供開始することを発表します。また、両社は今後共同でトランスウエアのメール誤送信防止製品「Active! gate」及びWebメール製品「Active! mail」の「ファイル管理拡張オプション」についても、「Kaspersky Anti-Virus」をオプション搭載して提供することを計画しています。

    このたびカスペルスキーは、組み込み開発やソフトウェア連動に適した「Kaspersky Anti-Virus Software Development Kit(SDK)」をトランスウエアにOEM供給いたします。このソリューションは日本を含む全世界のソフトウェアメーカー・ハードウェアメーカー・サービスプロバイダにて豊富な採用実績があります。組み込み開発や他のソフトウェア製品との連動・統合に非常に適しており、その採用実績が示す通り、数々の情報セキュリティ製品・サービスのウイルス対策エンジン部分として機能しています。

    トランスウエアの「Active! hunter 3.2」はコラボレーション方式の「クラウドマーク」と学習方式「SVM」の強力なツインエンジンを搭載、環境に応じてアプライアンスとソフトウェアの製品タイプを選べるアンチスパムです。「クラウドマーク」スパムフィルタは、世界中の8億5000万人以上の登録ユーザから寄せられるリアルタイムの情報を基にメールがスパムか否かを判断するための情報をデータベースに登録し、それらを参照することでスパムメールを特定する方式です。新種や亜種にも瞬時に対応することが可能なので、検知率99%以上、誤検知率0.00001%以下の判定精度を実現しています。最新の学習方式エンジン「SVM」と併用することでその効果は絶大になります。

    今回、「Active! hunter 3.2」に「Kaspersky Anti-Virus」をオプション搭載することにより、ユーザは「カスペルスキー」「クラウドマーク」「SVM」の業界最高水準の技術を国内開発による優れたデザインの統一インターフェースで使用することが可能になります。求められる最高のテクノロジーを結集して、増殖するマルウェア、スパムなどのメールシステム環境の脅威からユーザを保護します。

    「Active! hunter 3.2」のKaspersky Anti-Virusオプションの価格は、スタンダードライセンス(企業向け)が50ユーザ 年間77,000円(税抜き)から、アカデミックライセンスが50ユーザ 年間38,500円(税抜き)からになります。カスペルスキーとトランスウエアの両社は、明日(5月13日)から5月15日の期間、東京ビッグサイトにて開催される「第6回 情報セキュリティEXPO」に出展し、メールセキュリティゾーンのトランスウエアブースではカスペルスキーのマルウェア対策エンジンを搭載した「Active! hunter 3.2」のデモンストレーションをご覧いただけます。

    Kaspersky Anti-Virusの特長

    ウイルス、スパイウェア、クライムウェア、ハッカーによる攻撃、フィッシング詐欺、スパムといったITセキュリティ脅威に対して、世界で最も迅速な保護を提供します。
    • 最高レベルの検知率(※)
    • 新出の脅威への対応時間-最速(※)
    • 1つのエンジンによるIT脅威からの確実な保護
    • 非常に多いデータベース更新頻度(※)

    ※AV-ComparativesやAV-Test GmbH、Virus Bulletinといった独立系テスト機関による評価テスト結果に基づきます。


    Active! hunter 3.2の特長

    • 世界中で評価されるコラボレーション方式のCLOUDMARKフィルタを搭載
    • 機械学習理論に基づく学習方式のSVM(Support Vector Machine)フィルタを搭載
    • カスペルスキーのマルウェア対策エンジンをオプション搭載
    • 17段階な複合的なスパムフィルタリング
    • 99%以上のスパム検知率と0.00001%以下の誤検知率を実現
    • 独自の専用MTA搭載による高速処理
    • 国内開発により優れたインターフェースと使い勝手を実現

    「Kaspersky Anti-Virus」について

    Kaspersky Anti-Virus Software Development Kit (SDK) はKaspersky Anti-Virus Engineを使用することにより、ウイルス、トロイの木馬、ワーム、ルートキット、スパイウェア、アドウェアなど幅広いマルウェアに対して総合的な保護を提供します。Kaspersky Anti-Virus SDK は、一般的なオペレーティング システム(Microsoft Windows、FreeBSD、Linux など)やハードウェアプラットフォーム(ARM を含む)のほとんどと互換性があります。抜群のスケーラビリティによって、小規模オフィス、中規模企業、大企業を対象とする幅広い製品、さらには加入方式のサービスにも対応可能で、あらゆるセキュリティシステムの原動力となります。
    参考リンク:http://www.kaspersky.co.jp/anti-virus_SDK

    「Active! hunter」について

    「Active! hunter」は、日本国内での利用環境に特化し、最適化された17種類のフィルタ群が、外国語のスパムメールだけでなく、日本語スパムメールも高精度で遮断するアンチスパム製品です。環境に応じてアプライアンスとソフトウェアを用意しています。スパムフィルタには「CLOUDMARK」のコラボレーション方式フィルタと最新の機械学習理論に基づく「SVM」の強力なツインエンジンを採用し、「カスペルスキー」「エフセキュア」のアンチウイルスをオプション搭載することも可能です。また独自のMTAを採用することにより処理能力の高速化を実現しています。さらに国内開発による優れたインターフェースと操作性の提供、お客様の声をタイムリーに製品に反映、安心の国内メーカーサポートの提供など優れた特色を備えます。
    参考リンク:http://transware.co.jp/product/ah/

    カスペルスキーについて

    Kaspersky Labはウイルス、ハッカー、スパムなどのIT脅威からお客様のコンピュータを保護する最高レベルの情報セキュリティソリューションを提供する国際的なソフトウェア開発企業です。1997年創設以来、本社の所在地であるロシアをはじめ英国、フランス、ドイツ、オランダ、日本、中国、韓国、米国など20カ国に事業所を展開しており、パートナーネットワークは世界中で1000社以上にのぼります。組織の中枢であるウイルス研究所はウイルス対策分野で豊富な経験を有するスペシャリストを擁し、この分野で初めてヒューリスティックウイルス分析、言語テキスト分析の開発に成功しました。このような高い技術力がカスペルスキー製品の基本であり、マーケットをリードする原動力となっています。
    参考リンク:
    http://www.kaspersky.co.jp/
    http://www.kaspersky.com/

    トランスウエアについて

    株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築などを手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのIT人材の育成やコミュニケーションの効率化に貢献しています。また、CLOUDMARKとSVMの強力なツインエンジンを搭載したアンチスパム「Active! hunter」、シンプル & セキュアーなメールアーカイブ「Active! vault」、複数のアプローチでメール誤送信や添付ファイル経由の情報漏えいを防止する「Active! gate」などのソリューションを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステム構築を支援しています。
    参考リンク:http://www.transware.co.jp/

    本リリースに関するお問合わせ先

    • 株式会社Kaspersky Labs Japan
      エンタープライズ事業部 前田
      Tel : 03-5687-7839
      Eメール : sales@kaspersky.co.jp
    • 株式会社トランスウエア
      経営企画部 佐々木
      Tel : 03-5540-0083
      eメール : y_sasaki@transware.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。