グループウェア「POWER EGG」とシェアNo.1ビジネスWebメールの連携ソリューション「Active! mail for POWER EGG」を提供開始

2009.09.15

〜シングルサインオンを実現しシームレスに高機能ビジネスWebメールが利用可能に〜

ジービーアール株式会社
ディサークル株式会社
株式会社トランスウエア

システムインテグレータのジービーアール株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:茂内 将平、以下GBR)、ビジネスポータル関連ソフトウェアの開発・販売を行うディサークル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:西岡 毅、以下ディサークル)と株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役 松田 賢、以下トランスウエア)は業務提携し、ディサークルが提供するポータル型ワークフローシステム「POWER EGG」と、トランスウエアが提供する国内シェアNo.1(*1)のビジネスWebメール「Active! mail 6」の連携ソリューション「Active! mail for POWER EGG」の提供を開始することを発表いたします。(*1)2009年 ソースポッド調べ

「POWER EGG」は、グループウェアとワークフローを標準装備し、基幹業務システムとの連携拡張性を特長にしたパッケージソフトウェアで、1,000社を超えるお客様に利用されています。「Active! mail 6」は、累計約700万アカウントの導入実績を持つ国内のビジネスWebメールのスタンダード製品です。新たに提供を開始する「Active! mail for POWER EGG」は、「POWER EGG」からシームレスに高機能Webメールを利用することが可能になり、ビジネスコミュニケーションの効率を大幅に向上します。尚、連携モジュールは「POWER EGG」の開発元のGBRより提供します。

Active! mail for POWER EGGの画面 Active! mail for POWER EGGの画面
(Active! mail for POWER EGGの画面)

「Active! mail for POWER EGG」の特長

「POWER EGG」からメールの送受信をはじめ、高機能ビジネスWebメール「Active! mail 6」の様々な機能を使用することができます。
  1. 「POWER EGG」からの2種類のシングルサインオン
  2. 複数のメールアカウント管理が可能 ※最大4アカウント
  3. 既読にしたメールは一覧から削除される ※未読、既読の表示も可能
  4. 添付ファイルの参照も可能
  5. 返信、全員返信、転送などは「Active! mail 6」を起動せずに行える
  6. 3種類の新規メール作成機能
  7. 「POWER EGG」上で宛先(To)なのか、Cc(Bcc含む)、POP受信の判別可能
  8. 「POWER EGG」のアドレス帳から連携が可能
  9. ホスティング環境でも使用可能
参考リンク:http://www.gbr.co.jp/products/am4pe.html

「POWER EGG」について

「POWER EGG」は、ディサークル株式会社が、開発したグループウェアとワークフロー機能を標準装備し、基幹業務システムとの連携拡張性を特長にしたパッケージソフトウェアであり、平成12年2月より販売パートナー経由で販売してまいりました。その後、2008年 8月にはメジャーバージョンアップ版である「POWER EGG 2.0」をリリースいたしました。「POWER EGG 2.0」は、認知心理学に基づいたデザインや操作性(金沢美術工芸大学との産学共同研究)により、使い勝手(ユーザビリティ)の飛躍的な向上を図っております。また検索機能の拡充、ワークフローエンジンの強化による内部統制への対応強化を実現し、従来のグループウェア/ワークフロー製品では難しかった全社での運用活性・定着化を推進します。2009 年8 月末時点で、民間企業、医療機関、自治体など1,013 社、217,500 ライセンスの販売実績になり、国産ポータル型ワークフローシステムとして高い評価を受けています。
参考リンク:http://www.d-circle.com/product/concept/01_01.html

「Active! mail」について

「Active! mail」は、既に多くの企業・教育機関・自治体等に導入され(累計700万アカウント)、高い信頼を得ている、実績のあるWebメールパッケージです。様々なUNIXサーバーに対応し、また、4カ国語のインターフェースや多言語の同時表示など、既存のクライアント型メールシステムと同等以上の操作性を備えながらWebブラウザのみでメールの送受信が可能という手軽さ、また、標準で迷惑メール対策機能を備え、SSL暗号化などのセキュリティ対策も施された高機能さが支持されています。
参考リンク:http://www.transware.co.jp/product/am6/

GBRについて

GBR(1989年設立)はPOWER EGG及びエスエスジェイ社のSuperStream,(財務会計・人事/給与システム)の販売、コンサルティング、アドオン開発を主力事業としているシステムインテグレーターです。特にSuperStreamでは同製品の開発当初から参画しており、導入支援実績社数が150社を超える。 そのノウハウを生かしPOWER EGGの経費精算とSuperStreamAP+を連携するミドルウエア『POWER ADJUST(旧:POWER JOINT)』も2000年5月に発売し大手企業様にご利用いただいております。現在では株式会社トランスウエアと販売パートナー契約も締結しており、Active!mailの販売、構築に力を入れております。
参考リンク:http://www.gbr.co.jp

ディサークルについて

ディサークル株式会社は、ビジネスポータル関連のパッケージソフトウェアを開発・販売することを目的に1999 年4 月30 日に設立しました。「ビジネスポータル・ソリューションの提供」をメインテーマに、マーケットニーズを的確に掴んだ製品開発を目指し、お客様にとって確実に導入効果が得られる製品POWER EGG を2000 年2 月より販売しています。2008年 8月には、最新版の「POWER EGG 2.0」を、出荷開始し、大幅に進化した『POWER EGG 2.0』により、本当に使いこなせるグループウェア/ワークフローの提供をめざすとともに、導入企業のさらなる競争力強化を支援してまいります。
参考リンク:http://www.d-circle.com/

トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築などを手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのIT人材の育成やコミュニケーションの効率化に貢献しています。また、CLOUDMARKとSVMの強力なツインエンジンを搭載したアンチスパム「Active! hunter」、シンプル・セキュアなメールアーカイブ「Active! vault」、5種の異なるアプローチでメール誤送信や添付ファイル経由の情報漏えいを防止する「Active! gate」などのソリューションを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステム構築を支援しています。
参考リンク:http://www.transware.co.jp/

本リリースに関するお問合わせ先

  • ジービーアール株式会社
    営業統括部
    Tel : 044-210-1840
    eメール : sales@gbr.co.jp
  • ディサークル株式会社
    パートナー営業部 川田
    Tel : 03-5551-0321
    eメール : kawada@d-circle.com
  • 株式会社トランスウエア
    経営企画部 佐々木
    Tel : 03-5540-0083
    eメール : y_sasaki@transware.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。