Email Security Expo & Conference 2009出展のお知らせ

2009.11.04

株式会社トランスウエアは2009年11月26日(木)〜11月27日(金)にベルサール神田にて開催される「Email Security Expo & Conference 2009」にゴールドポンサーとして参加いたします。

Email Security Conference ロゴ

「Email Security Expo & Conference 2009」は、企業内、そしてISPにて電子メールやWebセキュリティの運用に携わる方々の日常の問題を解決するべく、最新のEmail Security技術やノウハウなどの情報を共有する場を提供するイベントです。 ご多忙のことと存じますが、是非ご来場下さいますようご案内申し上げます。

開催概要

会期2009年11月26日(木)〜11月27日(金)
会場ベルサール神田
東京都千代田区神田美土代町
主催株式会社ナノオプト・メディア F2Fフォーラムカンパニー
対象企業、ISPにおける電子メールシステム運用管理関係者
参加料金
  • 展示会:3,000円(税込) 事前登録により無料
  • コンファレンス:
    • 1日券…25,000円(35,000円)
    • 2日券…35,000円(50,000円)
( )内当日料金・いずれも税込
お申込みと詳細公式サイトよりご登録下さい
http://www.f2ff.jp/esc/

コンファレンス概要

<C-16>

日時2009年11月26日(木) 13:10〜13:55
タイトルメールや添付ファイル経由の情報漏えいをいかに防ぐか
〜その現状と複数の対策手法〜
講演者
平野 善隆
株式会社トランスウエア
開発部 第2開発グループ
課長
講演概要「Bccに入れるべきところをToやCcに大量にアドレスを入れてメールを送ってしまった」「顧客情報のファイルを添付したままでメールを送ってしまった」などのメールや添付ファイル経由の情報漏えいは、何に着目していかにして防げば良いのか。メール経由の情報漏えいの現状をまとめ、誤送信防止の着目すべきポイント、複数のアプローチによる対策のポイントを実際の運用・設定ケースを交えて説明します。

オープンステージ概要

<A-4>

日時2009年11月26日(木) 16:00〜16:20
タイトル20分でわかる! メール誤送信対策のポイント
講演者
佐々木 泰
株式会社トランスウエア
経営企画部
担当部長

※オープンステージは無料でご参加いただけます。


出展概要

トランスウエアでは誤送信防止、情報漏えい防止、メールアーカイブ、スパムメール対策、ウイルスメール対策などお客様のビジネスメール環境を取り巻く課題に対するソリューションをご提案します。誤送信防止に効果を発揮する5つのアプローチ「送信メールの一時保留」「Bcc強制変換」「添付ファイルの暗号化」「メール本文と添付ファイルの分離」「送信拒否」を1つにまとめた『Active! gate』やビジネスWebメールのスタンダード『Actve! mail 6』、内部統制をローコストで実現するメールアーカイブ『Active! vault』やツインエンジンを搭載し日本語迷惑メール対策に効果を発揮するアンチスパム『Active! hunter』などのデモンストレーションをご覧いただけます。

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。