大塚商会の「アルファメールプレミア」に「Active! vault」のメールアーカイブ機能を提供

2009.11.09

〜ホスティングサービス向けにカスタマイズし、より使いやすさを重視して採用される〜

株式会社トランスウエア

株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下トランスウエア)は同社のメールアーカイブ製品「Active! vault」が、株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚裕司、以下大塚商会)が提供する数十名〜数千名規模の企業に対応したホスティングサービス「アルファメールプレミア」のオプションサービスとして採用されたことを発表いたします。オプションのメールアーカイブサービスは2009年11月9日より提供を開始します。

大塚商会の「アルファメールプレミア」は、お客様が導入しやすい価格を実現することで中堅・中小企業から大企業まで幅広く利用いただける高機能なホスティングサービスです。Webサイト作成(CMS)機能などの「Web機能」と、トランスウエアの「Active! mail」を採用したWebメール、メールウイルスチェック、迷惑メール検知機能などを持つ「メール機能」、「ファイル共有機能」などをサービスとして提供しています。

「Active! vault」は、「アーカイブ」「検索」「セキュリティ」のメールアーカイブに必要な機能を集中強化して開発された製品で、ポリシーやグループ設定で必要なメールだけを保存したり、アクセスコントロールやログイン・操作・検索履歴を表示したりと、お客様の実際の運用環境に必要な機能とセキュリティを備えています。「アルファメールプレミア」のオプションサービスとして、ホスティングサービス向けにカスタマイズして提供することで、お客様は高機能で高セキュリティのメールアーカイブを安価に、より使いやすさを重視して利用することが可能になります。

Active! vault標準版の参考画面
<Active! vault標準版の参考画面>
※アルファメールプレミアのメールアーカイブ画面
仕様とは一部異なる部分がございます。

大塚商会 αWeb事業部 部長 原田和文様のエンドースコメント

弊社ホスティングサービスでは、既にトランスウエアの「Active! mail」をWebメールとして採用しておりましたが、操作性を始め、これまでのお客様評価は非常に優れたものでした。今回の「Active! vault」採用にあたり他製品と比較検討も行いましたが、Webメールと類似したインターフェースというアドバンテージに加え、メールアーカイブに必要な機能に絞り集中強化した製品コンセプトが、メールアーカイブを安価でより使いやすく提供したい、という弊社の考えと一致しました。「Active! mail」と同様に、お客様へ自信を持っておすすめできるサービスです。


アルファメールプレミアのメールアーカイブ(Active! vault)の特長

送信・受信メールを専用のディスクに保管し、必要な場合に検索・閲覧できる機能です。内部統制を目的としたデータの保管、従業員の不正監視、PCデータの消失対策などに役立ちます。

  • 権限の分離でリスクの低い運用

    メールアーカイブ専用のログインID・パスワードが発行されるので、アルファメールプレミアとは別の管理者が運用できます。また、アーカイブの管理者は、各部門の担当者を検索ユーザとして設定し、必要な範囲(管理者機能ページで設定されたグループ)のメールだけを検索・閲覧させることができます。

  • 豊富なセキュリティ機能で不正利用を防止

    検索ユーザの不正利用を防止するため、検索ユーザの設定時に、検索範囲指定(前述)・ログイン許可IPアドレス・ログイン日時(期間・曜日・時間帯)の制限を掛けることができます。また、検索ユーザのログイン履歴の確認をしたり、ログイン時や不正ログイン時に通知メールを受け取ることもできます。

  • 必要なメールだけを摘出する優れた検索機能

    大量のメールデータから必要なメールだけを抽出するため、件名・本文内容・添付ファイル有無・添付ファイル内容・添付ファイル名、受信期間・送受信メールアドレスなど細かな検索条件の指定ができます。

  • 最長5年間、最大4,000GBまで保管可能

    最長で5年間まで保管可能で、日単位(1日〜1825日)で設定できます。保管ディスク容量もオプション容量追加により最大で4,000GBまで拡張できます。また、容量を節約したい場合は、送信メールのみもしくは受信メールのみ保管することもできます。


「Active! vault」について

「Active! vault」は、組織毎の内部統制ポリシーに対応したメール情報管理体制を実現できる、シンプル&セキュアなメールアーカイブです。メールアーカイブに求められる機能である「アーカイブ」「検索」「セキュリティ」を集中強化して開発され、豊富なポリシーやグループ設定などで必要なメールだけを保存することが可能です。経営情報や財務情報を取り扱う特定の部門、お客様の個人情報を取り扱う部門、IPOプロジェクトメンバーなど特定の部門やグループのみを登録してアーカイブ対象とするなど、実際の業務に則した運用を可能にします。また、高いセキュリティや個人のプライバシーを確保する設計がされています。
参考リンク:http://www.transware.co.jp/product/av/

トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築などを手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのIT人材の育成やコミュニケーションの効率化に貢献しています。また、CLOUDMARKとSVMの強力なツインエンジンを搭載したアンチスパム「Active! hunter」、シンプル・セキュアなメールアーカイブ「Active! vault」、5種の異なるアプローチでメール誤送信や添付ファイル経由の情報漏えいを防止する「Active! gate」などのソリューションを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステム構築を支援しています。
参考リンク:http://www.transware.co.jp/

本リリースに関するお問合わせ先

株式会社トランスウエア
経営企画部 佐々木
Tel : 03-5540-0083
eメール : y_sasaki@transware.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。