Email Security Expo & Conference 2010出展のお知らせ

2010.09.13

株式会社トランスウエアは2010年10月6日(水)~10月7日(木)にベルサール八重洲にて開催される「Email Security Expo & Conference 2010」にゴールドポンサーとして参加いたします。

Email Security Conference ロゴ

「Email Security Expo & Conference 2010」は、企業内、そしてISPにて電子メールやWebセキュリティの運用に携わる方々の日常の問題を解決するべく、最新のEmail Security技術やノウハウなどの情報を共有する場を提供するイベントです。 ご多忙のことと存じますが、是非ご来場下さいますようご案内申し上げます。

開催概要

会期2010年10月6日(水)~10月7日(木)
会場ベルサール八重洲 3階
東京都中央区八重洲
主催株式会社ナノオプト・メディア F2Fフォーラムカンパニー
対象企業、ISPにおける電子メールシステム運用管理関係者
参加料金
  • 展示会:3,000円(税込) 事前登録により無料
  • コンファレンス:
    • 1日券…25,000円(35,000円)
    • 2日券…35,000円(50,000円)
※( )内当日料金・いずれも税込
※コンファレンス料金が無料になる特別キャンペーン実施中!
  (9月22日まで)
※詳しくは公式サイトをご確認ください。
お申込みと詳細公式サイトよりご登録下さい
http://www.f2ff.jp/esc/

コンファレンス概要

<C-9>

日時 2010年10月6日(水) 13:00~13:45
タイトル Google Appsにも対応、クラウド型ですぐに取り組める
メール誤送信対策
講演者
佐々木 泰
株式会社トランスウエア
経営企画部
担当部長
講演概要

クラウド環境の有効利用はメールセキュリティを劇的に変化させるアプローチになり得ます。ウイルスやスパムなどメールセキュリティのインバウンド対策に比較してアウトバウンド対策の普及は未だに十分ではありませんが、情報漏えいに直結するメール誤送信の対策こそが早急に取り組むべき課題です。クラウド型で「メール保留」「ZIP暗号化」などをすぐに開始できる本格的なメール誤送信対策を実際の運用・設定ケースを交えてご説明します。

出展概要

Google Apps、Postiniにも対応するクラウド型の本格的なメール誤送信防止サービス『Active! gate SS』をご紹介します。『Active! gate SS』は「メール保留」「ファイルのZIP暗号化/Webダウンロード」「送信拒否」などを簡単かつ自動的に実行。多角的なアプローチによりメール誤送信をもれなく防ぎます。その他、ビジネスWebメール『Active! mail』、オンプレミス型のメール誤送信防止『Active! gate』、メールアーカイブ『Active! vault』、スパム・ウイルス対策『Active! hunter』など、お客様のメール環境を取り巻く課題に対するソリューションをご提案。ブースではすべてのデモをご覧いただけます。

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。