クラウド型メール誤送信防止サービスの『初期費用無料キャンペーン』期間を延長

2010.10.04

~ 「Active! gate SS」の初期費用無料期間を2011年3月31日まで延長 ~

株式会社トランスウエア

株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下トランスウエア)は、2010年7月1日にサービスを開始しましたクラウド型では初めて(*)の本格的なメール誤送信防止サービス「Active! gate SS」 (http://activegate-ss.jp/)の『初期費用無料キャンペーン』の終了日を、好評により2010年9月30日から2011年3月31日まで延長することを発表いたします。(*)2010年5月 トランスウエア調べ

「Active! gate SS」は、すでに定評のあるオンプレミス型ソフトウェアの「Active! gate」の豊富な機能をそのままに、小規模からでもすぐに使えるクラウド型のメール誤送信防止サービスです。「送信メールの一時保留」「添付ファイルのZIP暗号化」「添付ファイルのWebダウンロード」「Bcc強制変換」「送信拒否」の誤送信防止のための5つのアプローチを1つのサービスで実現し、「迅速な導入」「安価な月額コスト」「既存環境のままでの利用」「必要な機能だけの利用」「常に最新の機能が利用可能」「管理負荷の軽減」などのクラウド型サービスのメリットを享受できます。

今回のキャンペーン期間の延長により、2011年3月31日までにご注文をいただいたお客様には、「ベーシックプラン」「アドバンスドプラン」「ファイル変換専用プラン」「Bcc強制変換専用プラン」の初期費用(通常税別50,000円)、「オリジナル運用プラン」の初期費用(通常税別100,000円)を無料で提供させていただきます。

Active! gate SSのサービスイメージ

<Active! gate SSのサービスイメージ>※画像クリックで拡大表示


Active! gate SSの特長

  • 機能を選べる
    • ビジネスのメールセキュリティに必要な機能をシンプルにパッケージ。お客様のスタイルに合わせた5つのプランから選んで利用できます。
  • すぐに使える
    • オンラインで簡単お申し込み。最短で翌日から利用できます。すぐに試せる60日間無料トライアルもすべてのプランで可能です。
  • 高品質なのに低価格
    • Active! gate SSはクラウド型では初めての本格的なメール誤送信防止サービス。高品質な機能を月額5,000円(税別)から利用できます。

「Active! gate SS」について

「Active! gate SS」は、株式会社トランスウエアが提供するクラウド型では初めての本格的なメール誤送信防止サービスです。「機能を選べる」「すぐに使える」「高品質なのに低価格」をコンセプトに小規模からでもすぐに使える、安心のクラウド型メール誤送信防止サービスを、1メールアドレスあたり月額500円(税別)から提供します。「送信メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「添付ファイルのWebダウンロード」「Bcc強制変換」「送信拒否」の5つの誤送信防止のアプローチを、お客様のスタイルに合わせた「ベーシックプラン」「アドバンスドプラン」「オリジナル運用プラン」「ファイル変換専用プラン」「Bcc強制変換専用プラン」の5つのプランで提供し、メールや添付ファイル経由の情報漏えいを確実にブロックします。
参考リンク :http://activegate-ss.jp/


トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築などを手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのコミュニケーションの効率化やIT人材の育成に貢献しています。また、CLOUDMARKとSVMの強力なツインエンジンを搭載したアンチスパム「Active! hunter」、シンプル・セキュアなメールアーカイブ「Active! vault」、5つの異なるアプローチでメール誤送信を防止する「Active! gate」、クラウド型では初めての本格的なメール誤送信防止サービス「Active! gate SS」などのソリューションを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステム構築を支援しています。
参考リンク:http://www.transware.co.jp/


本リリースに関するお問合わせ先

株式会社トランスウエア
経営企画部 佐々木
Tel : 03-5540-0083
eメール : y_sasaki@transware.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。