企業向け大容量ファイル転送・オンラインストレージ「Active! drive SS」のサービスを開始

2015.01.08

<報道関係各位>
<プレスリリース>

株式会社トランスウエア

~ セキュアなファイル共有サービスをキャンペーン期間中のご契約なら月額200円で提供 ~


株式会社トランスウエア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下トランスウエア)は、
企業向けの大容量ファイル転送・オンラインストレージ「Active! drive SS」(http://www.transware.co.jp/adss_service/)のサービスを2015年1月8日より開始することを発表します。ファイルが大容量化し、内部だけではなく外部とのデータ共有のニーズも増えていますが、「メールの添付ファイルで送信」「無料のオンラインサービスを利用」「USBなどの物理媒体でやりとり」などの従来の方法では、セキュリティや機能に不安が残ります。

ビジネス利用のために「安心のセキュリティ」「すぐに使える」「高品質なのに低価格」をコンセプトに開発された「Active! drive SS」は、大容量ファイル転送・オンラインストレージを1つのサービスで提供し、”情報漏えい対策” ”データの一元管理” を強力に支援します。1アカウントあたり月額300円(税別)から利用でき、容量追加オプションをご契約いただくと、ファイルの保存期間に制限のない無期限ドライブも利用いただけます。

Active! drive SS

「Active! drive SS」のサービス開始を記念し、サービス開始から2015年12年31日までに新規契約いただいたお客様を対象に『ファイル転送・データ共有のセキュリティ強化支援キャンペーン』http://www.transware.co.jp/cp/adss/cloud_security/)を実施させていただきます。「Active! drive SS」の月額基本料金を、1アカウントあたり200円(通常税別300円)で提供します。キャンペーン期間終了後も契約を継続していただいている限りキャンペーン価格が適用されます。

ビジネス利用のための7つのアドバンテージ

1. 大容量ファイル転送サービス

外部の第三者との一時的なファイルの受け渡しをするサービスです。簡単なウィザード形式で実行できます。

2. オンラインストレージサービス

長期的にファイルを保存・共有するサービスです。個人で利用するドライブとメンバー間で共有するドライブを提供します。

3. 大容量・無期限ドライブ領域

容量追加オプションで、大容量で保存期間の制限がない無期限ドライブ領域の利用が可能になります。

4. セキュリティコントロール

ユーザー毎の権限設定、ファイルの受け渡し期日やダウンロード回数制限などのコントロールが可能です。

5. 送信経路・データの一元管理

ファイルの送信経路、データの共有場所、ユーザーの利用履歴・行動履歴を一元管理できます。

6. SLAによる99.9%の稼働保証

二重化されたシステムにより、SLAは稼働率99.9%を保障。ビジネスに信頼性の高いサービスを提供します。

7. 24時間365日のサポート体制

障害対応は年中無休の24時間365日体制。専用のサポートダイヤルをご用意しています。

サービス価格

月額基本料金 300円/ 1アカウントあたり(キャンペーン期間中のご契約は200円/1アカウントあたり)
⁃ 月額基本料金に含まれるサービス内容
  • 期限付きドライブの作成(最大保存期間:14日間)
  • 期限付きドライブ1つあたりの合計ファイルサイズ上限値:2GB
  • ファイルの合計受け渡し回数:10回 / 1アカウントあたり(実契約アカウント数×10回)

容量追加オプション 10GB 30,000円/月、100GB 60,000円/月、1TB 300,000円/月
⁃ オプションに含まれるサービス内容
  • 無期限ドライブの作成(上記容量は全アカウントで共有する無期限ドライブの合計容量です)

※サービスの最低利用期間は12ヵ月です(複数年契約も可能)。更新も年単位になります。
※価格はすべて税別表記です。

「Active! drive SS」について

「Active! drive SS」は、ビジネス利用を前提に開発されたセキュアな大容量ファイル転送・オンラインストレージサービスです。「安心のセキュリティ」「すぐに使える」「高品質なのに低価格」をコンセプトに、1アカウントあたり300円(税別)で提供し、追加オプションにより大容量で保存期間制限のないドライブ領域の利用も可能になります。ユーザー毎の権限設定、ファイルの受け渡し期限やダウンロード回数制限などのセキュリティコントロール、ファイルの送信経路、データの共有場所、ユーザーの行動履歴・行動履歴の一元管理、さらにはSLAによる99.9%の稼働保証、24時間365日の専用ダイヤルによるサポート体制など、法人利用に最適な多くのアドバンテージを備え、”情報漏えい対策” “データの一元管理” を強力に支援します。

 参考リンク:http://www.transware.co.jp/adss_service/

トランスウエアについて

株式会社トランスウエア(1993年設立)は、eメールソフトウエアの開発・システム構築などを手がける、日本では数少ないeメールソリューションを中心とした事業展開を行なっている企業です。主力製品「Active! mail」はWebメール製品では国内No.1の販売実績を持ち、企業や国内主要大学でのコミュニケーションの効率化やIT人材の育成に貢献しています。
また、CLOUDMARKとSVMの強力なデュアルエンジンを搭載したアンチスパム「Active! hunter」、シンプル・セキュアなメールアーカイブ「Active! vault」、7つの多面的なアプローチでメール誤送信を防止する「Active! gate」、クラウド型では初めての本格的なメール誤送信防止サービス「Active! gate SS」、クラウド型メールアーカイブ「Active! vault SS」などのソリューションを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステム構築を支援しています。

 参考リンク : http://www.transware.co.jp


本件に関するお問い合わせ先

株式会社トランスウエア
経営企画部 佐々木
  • Tel : 03-5540-0085
  • Eメール : y_sasaki@transware.co.jp

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。