ミツウロコ、Office 365にフィルタリングを追加するため クオリティアの「Active! gate SS」を導入

2016.12.14

<報道関係各位>
<プレスリリース>

- グループ全体でセキュリティとコンプライアンスを強化 -


株式会社クオリティア


株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリティア」)は、株式会社ミツウロコグループホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長 グループCEO:田島 晃平、以下「ミツウロコグループホールディングス」)により、Office 365と連携するメール誤送信防止サービス「Active! gate SS」が導入されたことを発表します。

1886年の創業からエネルギー事業を中心に、物流や不動産にリースや融資、飲食やクリーンエネルギーなど、多様な事業を展開しているミツウロコグループホールディングスは、オンプレミスで運用していたメールサーバーから、ユーザーの利便性を考慮して2013年にOffice 365へ移行しました。オンプレミスでの運用当時は、セキュリティ対策として添付ファイルには自動的に暗号化するサーバーを併用、さらにモバイルPCやスマートフォンなど外部デバイスからのアクセスは全て遮断していたため、セキュリティ面では堅牢な運用の半面、ユーザーの利便性が犠牲となっていました。使い勝手などを考慮してOffice 365を採用したものの、オンプレミス使用時の運用と比較すると、添付ファイルの暗号化や誤送信防止のためのフィルタリング機能の不足が課題でした。その課題を解決するために、クオリティアのメール誤送信防止サービス「Active! gate SS」を導入し、セキュリティとコンプライアンスを強化しました。

ミツウロコグループホールディングスでは、「Active! gate SS」の以下の点を評価しています。

・「Active! gate SS」の添付ファイル自動暗号化機能を活用し、オンプレミス使用時と同じ堅牢なセキュリティを維持しながらユーザーの利便性を確保できた点

・「Active! gate SS」のWebダウンロード変換機能により、一定量を超えるファイルは自動的にWebダウンロード形式に変換することでユーザーの業務に負荷をかけることなく容量をセーブできる点

・ あらかじめ定義した単語や一定の条件に合致した内容が含まれたメールは、容易に送信できない仕組みを構築。誤送信防止のためのフィルタリングとして「Active! gate SS」が機能すると同時にコンプライアンスの強化を実現できた点

・使用したい機能だけを安価に導入できる点

・直感的で簡単に操作可能な設定画面により、Office 365と「Active! gate SS」を同時開通できた点

「Active! gate SS」について

「Active! gate SS」は、Office 365やG Suiteと連携する本格的なクラウド型メール誤送信防止サービスです。「機能を選べる」「すぐに使える」「高品質なのに低価格」をコンセプトに小規模からでもすぐに使える安心のサービスを、1メールアドレスあたり月額150円(税別)から提供します。「送信メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「添付ファイルのWebダウンロード」「Bcc強制変換」「送信拒否」「時間差配信」「上司承認」の7つの誤送信防止のアプローチを、お客様のスタイルに合わせた6つのプランで提供し、メールや添付ファイル経由の情報漏えいを確実に防ぎます。

参考リンク :http://activegate-ss.jp/

クオリティアについて

株式会社クオリティアは、メールソリューションやメールセキュリティを中心とした事業展開を行なっており、主力製品である国内シェアNo.1のWebメール「Active! mail」や大規模メールシステム「DEEPMail」などを通じて、企業、官公庁、国内主要大学でのコミュニケーションの効率化やIT人材の育成に貢献しています。また、Office 365やG Suiteと連携するクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」、クラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」などを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステム構築を支援しています。

参考リンク :http://www.qualitia.co.jp/

本リリースに関するお問合わせ先

株式会社クオリティア
営業本部 マーケティング部 稲垣
Email : inagaki@qualitia.co.jp
Phone: 03-5623-2532

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。