デザインアーク、Office 365のメールセキュリティ対策にオールインワンの「Active! gate SS」を導入

2018.02.14

<報道関係各位>
<プレスリリース>

セキュリティ強化に加え、取引先及び関係各社の信頼性向上を実現


株式会社クオリティア


株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリティア」)は、株式会社デザインアーク(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:島 正登、以下「デザインアーク」)により、Office 365と連携するメール誤送信防止サービス「Active! gate SS」が導入されたことを発表します。

大手住宅総合メーカーの大和ハウス工業株式会社による100%資本の子会社であり、「人・街・暮らしの価値共創グループ」を環境理念として掲げるデザインアークは、2014年に現在の社名に変更するタイミングでOffice 365に移行し、その2年後にセキュリティを強化するため「Active! gate SS」を採用しました。

デザインアークでは、「Active! gate SS」の以下の点を主に評価しています。

 

・既に導入済みであったOffice 365とシームレスに連携ができるメール誤送信防止サービスである点

・誤送信防止として必須と考える機能がすべて備わっている点(「添付ファイルのWebダウンロード機能」など)

・外部宛てに送付するメールは一定期間保留し、確認フローを経て配送することで誤送信を防止できる点

・外部宛てに送付する添付ファイルは「Active! gate SS」上で自動的に暗号化して送付することでセキュリティを確保できる点

・誤送信防止やセキュリティ対策に取り組むことで、取引先との信頼関係をより高められる点

 

◆Office 365のメールセキュリティ対策に、オールインワンのActive! gate SSを採用

http://www.qualitia.co.jp/case/agss_designarc.html

「Active! gate SS」について

「Active! gate SS」は、Office 365やG Suiteと連携する本格的なクラウド型メール誤送信防止サービスです。「機能を選べる」「すぐに使える」
「高品質なのに低価格」をコンセプトに小規模からでもすぐに使える安心のサービスを、1メールアドレスあたり月額150円(税別)から提供します。「送信メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「添付ファイルのWebダウン ロード」「Bcc強制変換」「送信拒否」「時間差配信」「上司承認」の7つの誤送信防止のアプローチを、お客様のスタイルに合わせた3つのプランで提供し、メールや添付ファイル経由の情報漏えいを確実に防ぎます。

参考リンク :http://activegate-ss.jp

クオリティアについて

株式会社クオリティアは、国内で開発・販売を行っているメッセージングソリューションカンパニーです。メールソリューションやメールセキュリティを中心とした事業展開を行なっており、主力製品である国内シェアNo.1 のWebメール「Active! mail」や大規模メールシステム「DEEPMail」などを通じて、企業、官公庁、国内主要大学でのコミュニ ケーションの効率化やIT人材の育成に貢献しています。また、Office 365やG Suiteと連携するクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」、クラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」などを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステムの構築を支援しています。近年では、標的型攻撃対策ソリューション「Active! zone」が300を超える地方自治体に採用され、現在では企業にも導入が進んでいます。

参考リンク :http://www.qualitia.co.jp/

本リリースに関するお問合わせ先

株式会社クオリティア
営業本部 マーケティング部 稲垣
Email : press_pr@qualitia.co.jp
Phone: 03-5623-2532

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。