Active! gate メール経由の情報漏えいを防ぐ誤送信対策

誤送信対策と一口に言っても、単純な宛先間違いやファイルの添付ミスの防止から、機密情報の漏えいを防ぐための高度なチェック機能まで、その内容はさまざまです。
Active! gate(アクティブゲート)は、お客様の目的や状況に応じ、7つのアプローチを効果的に組み合わせることで、多面的にメールの誤送信と情報漏えいを防止します。

7つの誤送信防止アプローチとアンチウイルス機能

送信メールの一時保留 送信メールの一時保留 管理者またはユーザーが任意に設定した条件によって、メールを一定期間隔離・保留できます。保留されたメールはユーザー自身で確認し、「配送」または「破棄」を選択することができます。
添付ファイルの暗号化 添付ファイルの暗号化 メールに添付されたファイルを自動的にパスワード付きの暗号化ファイルに変換して送信されます。また、2重の暗号化(ZIP変換を2回実行)することもでき、ファイル名の漏えいを防ぐことが可能です。
添付ファイルのWebダウンロード 添付ファイルの
Webダウンロード
管理者またはユーザーが設定した条件によって、添付ファイルを分離してメール本文のみを送信します。分離された添付ファイルは、別途パスワードを使用しWebからダウンロードすることができます。
Bcc強制変換 Bcc強制変換 「To」や「Cc」に外部宛の大量メールアドレスを指定した場合、強制的に「Bcc」に変換します。これにより「To」や「Cc」では他の受信者に見えてしまうメールアドレスを保護し、個人情報の漏えいを防ぐことが出来ます。
送信拒否 送信拒否 時間帯や送信者、キーワードなど管理者の設定した条件により、メールの送信自体を拒否することができます。送信拒否が実行された場合、送信者にそれを通知するメールを送ることができます。
時間差配信 時間差配信 社内、準社内(グループ会社など)、社外など、ドメインごとにメールを時間差で配信できます。まず社内と準社内の関係者にのみ先にメールを送信し、一定時間経過後に社外の宛先に送信することで、送信者が気づかなかったうっかりミスを阻止することができます。
上司承認(オプション) 上司承認
(オプション)
上司、または第三者(承認者)の許可を得たメールのみ送信するよう設定できます。承認者の一時的な離席や長期出張などに対応できるよう、代理の承認者を設定するなど柔軟な機能を備えています。
アンチウイルス(オプション) アンチウイルス
(オプション)
送信メールのウイルスを「Kaspersky Anti-Virus」で自動的にチェックします。ウイルスチェック用の専用サーバーを設ける必要がないため、大幅なコスト削減を実現します。

機能比較

( 2015年10月19日現在 )

  Active! gate A社製品 B社製品 C社製品
送信メールの一時保留
添付ファイルの暗号化
添付ファイルのWebダウンロード ○(有償オプション)
Bcc強制変換 △*
送信拒否
時間差配信
上司承認 ○(有償オプション)

(*)別の手段にてメールアドレス(宛先)の漏えいを防止する機能を実装

ご購入やお見積りのご相談、ご質問などは、販売パートナーか、当社窓口までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは03-5623-253003-5623-2530