Active! mail 国内売り上げシェアNo.1を誇るビジネスWebメール

Active! mailのインターフェースは「使いやすさ」を徹底追及。Ajaxを採用することでデスクトップアプリケーションと変わらない操作性を実現し、Webメール特有の便利さを使いやすい画面で提供しています。

メール受信機能

見やすいインターフェースと、クライアントメーラーに引けを取らない豊富な機能を備えています。

画面のペイン切り替え メールの受信画面はボタンをクリックすることにより簡単に3ペイン/2ペイン/1ペインの表示に切り換えることができます。
ボタン/プルダウンメニューの任意配置 メール受信画面で表示させるボタンとプルダウンメニューを任意に配置変更することが可能です。またボタンはアイコンのみ表示、テキストのみ表示、アイコンとテキストの表示を好みで選択することが可能です。
新着メール自動確認 受信箱に対して定期的に新着メールを自動確認し、新着メールがある場合には、メッセージがブラウザーのタイトルに表示されます。
メールソート メール一覧画面上では「重要度」「件名」「送信者」「日時」「サイズ」の項目でソートをすることが可能です。
返信/全員に返信 受信したメールの返信には、差出人のみに返信メールを送信する機能と、受信したメールのすべての宛先にメールを返信する機能を備えています。
転送/一括転送 受信したメールの転送には「元のメールを引用して転送」と「元のメール」を添付して転送の2つの種類を選択できます。
また、複数のメールを選択し1通のメールにまとめてほかのアドレスに送付することも可能です。
フラグを付ける 特定のメールをほかと区別したい場合、メールにフラグ(マーク)を付けることができます。
メールの自動振り分け 指定した条件で新しく届いたメールを各フォルダーに自動的に振り分けたり、フラグを付けたりするフィルタリング機能です。
「条件」と「付加条件」により設定し、優先順位を設定/変更することも可能です。
メールのフィルタリング転送 指定した条件で新しく届いたメールをほかのメールアカウントや携帯電話のメールに転送することで、複数人での情報共有や重要な情報をタイムリーに知ることができる機能です。
Active! mailにログインしていないときでも自動的にメールが転送されます。
「指定のメールアドレスに転送」「携帯電話に転送」「携帯電話に着信通知」「文面を指定して返信」の4通りのアクションを指定することが可能です。
迷惑メール登録 メール受信画面では学習型迷惑メールフィルターで判定した迷惑メール確率をインジケーターで表示します。
また、受信した迷惑メールを「迷惑メール」フォルダーに移動することにより、迷惑メール学習エンジンに「迷惑メール」として学習させることが可能です。
絞り込み表示 メール一覧の画面に「未読メール」「添付ファイル(あり)」「フラグ(付き)」のメールを絞り込むことができます。
階層フォルダーの作成/表示 メールボックス内のフォルダーをツリー状に作成し表示させることが可能です。
POP受信 ほかのメールサーバーのメールをPOP3またはAPOPで受信することが可能です。
メールの詳細検索 指定したキーワードを含むメールを「簡易検索」と「詳細検索」で検索することが可能です。
「送信者」「宛先/Cc/Bcc」「ヘッダ全体/本文」「日付」で検索することができ、検索対象は「選択中のフォルダー」「サブフォルダーを含む選択中のフォルダー」「すべてのフォルダー」から選択することができます。

メール送信機能

メール作成画面は別ウィンドウで表示されます。
別のメールを参照しながら新しいメールを作成したり、複数のメールを同時に作成したりすることも可能です。

HTMLメール作成 ツールバーのボタンで簡単にHTMLメールを作成することができます。
定形文とマクロ 定形文は、慣用句など定型化した文章を作成中のメールに挿入する機能です。挨拶文やお礼状などの定形文を用意しておくことで、メール作成時間が短縮できます。
日付、時刻、送信者名など、一定の条件で変化する文字列を、変数の形で定形文中に挿入することも可能です。
メールテンプレート メール作成時に繰り返し利用できるメール作成画面の雛形を保存できる機能です。
メール本文の文章だけではなく、宛先、署名、文字セットなど、メール作成画面の内容を保存することができます。同じ宛先に定期的にメールを送信する場合などに便利な機能です。
宛先入力 メールの宛先を指定する方法を複数用意しています。
  • メールアドレスを直接入力
  • アドレス帳に登録してある名前やグループ名を入力
  • アドレス帳から選択
  • 送信履歴リストから選択
宛先の入力補完機能(オートコンプリート) メールの宛先入力時に、1文字ごとに入力された文字と「名前」または「メールアドレス」と一致する候補をリスト表示します。
アドレス帳からのメール作成 アドレス帳画面から宛先を選択し、宛先カートにドラッグ&ドロップすることで、アドレスを挿入したメールを作成することができます。
スケジューラーからのメール作成 「新規スケジュール」画面および「スケジュール編集」画面から、スケジュールの詳細が入力されたメールを作成することができます。
ドラッグ&ドロップでのファイル添付機能 メール作成時にファイルをドラッグ&ドロップすることで添付ファイルとしてアップロードする機能です。複数ファイルを同時に最大5つまでアップロードすることが可能です。

※2012年7月時点でFirefox延長サポート(ESR)10以降のみで使用可能です。

プロフィール管理 メール送信時に利用する名前、From、Sender、返信先、組織名、署名などのユーザー情報を設定することが可能です。複数のプロフィールを保存できますので、送信相手や内容によって使い分けることができます。
また、標準プロフィールを設定しておけば、メール作成時(返信・転送含む)に、標準プロフィールでメール作成画面が開きます。
署名管理 メール送信時に挿入する署名を設定できます。複数の署名が保存できますので、送信相手や内容によって使い分けることができます。
重要度の設定 メールの重要度を5段階で設定することができます。
開封確認通知機能 メール作成時に開封確認通知の要求を設定する機能です。
誤送信防止機能(プレビューの強制表示、外部ドメインのハイライト表示、宛先・添付ファイルの確認機能) 作成したメールの送信ボタンをクリックすると強制的にプレビューが表示され、メールの宛先、本文の内容などを送信前に再度確認し誤送信を防止する機能です。
  • 外部ドメインのアドレスはその旨が表記されハイライト表示される。
  • 外部宛先をチェックボックスで1件ずつ確認する。
  • 内部宛先をチェックボックスで1件ずつ確認する。
  • 添付ファイルをチェックボックスで確認する(外部宛先を1件以上含む場合)。
  • スペル間違いが疑われる文字は赤字で表示される。
下書き保存 作成中のメールを下書きとして保存することができます。
前回の編集内容を復元 「メール作成」画面で、前回編集した内容を復元することができます。「送信」「下書き保存」「破棄」のほか、誤ってブラウザーの「閉じる」ボタンでメール作成画面を閉じた場合も復元が可能です。

迷惑メールフィルター・その他の機能

迷惑メールフィルター ベイズ理論によるベイジアン学習型の迷惑メールフィルター機能を標準で実装しています。迷惑メールのパターンを学習しデータを蓄積するため、迷惑メールを処理すればするほど判定精度が上がります。
学習型迷惑メールの処理レベル(確率)も3段階で設定することが可能です。
迷惑メール管理(オプション) 高機能なゲートウェイ型の迷惑メールフィルター「Active! hunter」を利用して迷惑メール管理をすることができます。
また、「Kaspersky Anti-Virus」や「エフセキュアーアンチウイルスオプション」を利用すればウイルスチェック機能を利用することもできます。

※Active! hunter、Kaspersky Anti-Virus、エフセキュアーアンチウイルスオプションのご利用には別途ライセンスが必要になります。

多言語対応 日英中韓4ヶ国語に標準対応し、ログイン画面でインターフェース言語をすることができます。
スマートフォンや携帯電話でのご利用時にも、その「使いやすさ」に変わりはありません。
アドレス帳 アドレス帳は利用者の一人一人が登録して利用する「個人アドレス帳」と、システム全体で共有利用できる「共有アドレス帳」を利用することができ、複数のアドレス帳をシームレスに扱うために階層表示画面を採用しています。
個人アドレス帳内にはフォルダーのほかに、すべてのアドレス帳に登録されているデータを組み合わせてグループ登録をすることが可能です。
スケジューラー 個人向け予定管理ツールである「個人スケジュール」と、システム管理者がユーザー全員に対して登録する「共有スケジュール」表示機能を備えています。
「月間」、「週間」、「日間」の3種類のビューを用意し、期間ごとの一覧性・視認性を高めています。
管理者画面 Active! mailではGUIによる管理者設定を可能にしています。優れたインターフェースにより簡単に設定できますので、管理者の負荷を大幅に軽減します。
また、「管理者」のほかにドメイン設定の一部と「運用管理」メニューのみ使用可能な「運用管理者」を設定することも可能です。
キーボードショートカット機能 キーボードショートカット機能を利用して操作を簡単に行うことができます。
たとえば、メール受信画面では「メール作成」ウィンドウを開く、チェックしたメールを返信するなどさまざまな操作をキーボードショートカット機能で効率的に行うことができます。

ファイル管理機能(オプション)

ファイル管理拡張オプション ファイル管理拡張オプションを利用すれば、専用インターフェースからWebサーバー上にファイルをアップロードし、メールに添付することなく安全にやり取りすることができます。

ご購入やお見積りのご相談、ご質問などは、販売パートナーか、当社窓口までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは03-5623-253003-5623-2530