Active! prime ローコストな商用メールサーバーパッケージ

ハードウェア要件

要件 推奨最小値
CPU Intel QuadCore 2CPU×4core(推奨:2CPU×6core)または同等プロセッサ以上(64bitCPUに限る)
メモリ 16GB以上(推奨32GB以上)
HDD I/F SATA/SAS 15,000RPM(6Gbps)
外部ストレージ使用の場合はiSCSIもしくはFibre Channelなど使用してください。
HDD 40GB以上(メールデータスプールおよびデータベース領域を除く)
ネットワークI/F 1GbE x 1以上

ソフトウェア要件

要件 対応状況
対応OS Redhat Enterprise Linux 6.x (64bit)
対応仮想化環境 VMware vSphere 4.1 Update 1以上

※仮想化環境下で発生した障害につきましては、物理環境でも同様の障害が発生する場合に限りサポート対象とさせていただきます。また、仮想化環境下で発生する、パフォーマンスに関係する事象につきましてはサポート対象外とさせていただきます。

エラータ セキュリティを確保するために最新のエラータを適用して下さい。
付属パッケージ
ソフトウェア
OS付属のパッケージを選択してインストールする場合は、Apache HTTP Server、PostgreSQL、Java(openjdk)、Postfix等のSMTPサーバー、dovecot等のIMAP/POPサーバーのインストールを避けてください。
OSのセキュリティ設定 SELINUXは無効に設定してください
IPTABLESは必要なポートを開放してください。詳細につきましては付属のインストールマニュアルをご参照ください。
サーバー証明書 管理者用Webインターフェイスをhttpsプロトコルで利用する場合、および電子メールをSMTPS、POPS、IMAPSで利用する場合、各種認証サービスからサーバー証明書を別途取得してください。

管理者用Webインターフェース対応ブラウザー

  • Microsoft Internet Explorer 9
  • Mozilla Firefox 延長サポート版(ESR)17(Windows版)
  • ※64bit版Internet Explorerについては、サポート対象外となります。

使用プロトコル

要件
メール送信 SMTP/SMTPS, Submission Port(OP25B), SMTP Auth
メール受信 POP/POPS, IMAP/IMAPS
管理者用Webインターフェース HTTP/HTTPS

クオリティア他製品との連携

  • Active! mailは弊社が別途提供する指定バージョンのモジュールを、Active! primeと同一のハードウェアにインストールした場合においてのみサポート対象とし、ハードウェアが別筐体の構成の場合や、標準版のモジュールを使用する場合は、サポート対象外といたします。
  • 既存のActive! mail環境から、上記の同一ハードウェアへインストールする構成に移行される場合は、弊社営業部までご相談ください。
  • Active! hunter、Active! gate、Active! vaultをActive! primeと同一のハードウェアにインストールして使用することはできません。別ハードウェアへのインストールもしくは弊社SSサービスとの連携をご検討ください。

この製品についてさらに詳しく

ご購入やお見積りのご相談、ご質問などは、販売パートナーか、当社窓口までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは03-5623-253003-5623-2530