Active! zone - 地方自治体向けメール無害化ソリューション -

標的型攻撃メールから地方自治体のシステムを確実に守る、安全性と利便性を両立した機能を搭載。国内開発の使いやすいインターフェースで提供します。

メール無害化のための6つの機能

添付ファイルの削除 添付ファイルの削除 受信したすべての添付ファイル自体を削除し、添付ファイルの開封によって感染する可能性があるマクロウイルスによる攻撃を防止します。添付ファイルを削除したことをメール本文の文頭にて知らせることができます。
添付ファイルのテキスト化 添付ファイルのテキスト化 受信したメールにある添付ファイルをテキスト抽出し、無害化処理されたテキストファイルとして添付配送します。
HTMLメールのテキスト化 HTMLメールのテキスト化 受信したHTMLメールのタグを外してテキスト抽出します。HTMLメールをテキスト化することにより悪意のあるコードを完全に除去します。テキスト変換したことをメール本文の文頭にて知らせることができます。
URLの無効化 URLの無効化 受信したメールの本文にURLが含まれている場合、URL分部にマスク処理を施すことで存在しないURLに変換します。マスクしたことをメール本文の文頭にて知らせることができます。
アンチスパム アンチスパム 検知率99%以上、誤検知率0.00001%以下を誇るCLOUDMARK社製のコラボレーション型アンチスパムを搭載しています。前日に隔離されたスパムのレポートメールが各ユーザーへ送信されるため、手動での再配送設定が可能です。
アンチウイルス アンチウイルス 世界中の約200の国と地域で展開し、全世界で4億人を超えるユーザーを誇るKaspersky社製のアンチウイルスを搭載しています。ウイルス判定され「削除」されたメールの一覧を宛先単位で表示することができます。

運用方法のシナリオ例

Active! zoneはお客様の環境にあわせた、細かな受信ポリシー設定が可能なメール無害化ソリューションです。ここでは、実際に運用を行っているお客様の例を構成案としてご紹介します。

#—————————————————————————————–
# 0.xxx.example.jpのドメインを持つAサーバーとBサーバーが存在
# 1.両サーバーに配送するため「メールをコピー」する
# 2.Aサーバー宛てのメールに対してそのまま配送
# 3.Bサーバー宛てに対しては以下を行う
#   ■ 添付ファイル削除
#   ■ HTMLメールのテキスト化
#   ■ 本文のURLをアスタリスクに変換
# 4.削除・HTMLメールのテキスト化、URL変換した事をメッセージ挿入
#—————————————————————————————–

arrow Active! zoneシナリオ例1

#—————————————————————————————–
# 0.yyy.example.jpのドメインを持つCサーバーとDサーバーが存在
# 1.両サーバーに配送するため「メールをコピー」する
# 2.Cサーバー宛てのメールに対してそのまま配送
#   ■ 添付ファイルがついているメール、htmlパートを持つメール、
#      本文にURLが記載されているメールの3種類は何もせず通常配送
#   ■ それ以外のメールはメールごと削除する
#      (削除した旨を通知する必要はなし)
#
# 3.Dサーバー宛てに対しては以下を行う
#   ■ 添付ファイル削除
#   ■ HTMLメールのテキスト化
#   ■ 本文のURLをアスタリスクに変換
# 4.削除・HTMLメールのテキスト化、URL変換した事をメッセージ挿入
#—————————————————————————————–

arrow Active! zoneシナリオ例2

この製品についてさらに詳しく

ご購入やお見積りのご相談、ご質問などは、販売パートナーか、当社窓口までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは03-5623-253003-5623-2530