Office 365 のメールセキュリティ対策 Q&AOffice 365 の導入を検討中の企業様、すでに導入されている企業様へ

企業のクラウドサービス利用が一般的に定着し、マイクロソフトが提供するクラウドサービス「Office 365」を導入する企業が増えています。グループ作業やオンライン会議などの機能が充実しており、サーバーの保守や管理が不要なクラウド環境でこれまで蓄積してきた各種Office文書が使える「Office 365」は企業にとって大きなメリットのあるツールだと言えます。
では、そのメールセキュリティ機能について、詳しくご存知でしょうか?

セキュリティは?安全な運用に何が必要?外部サービスって何?

Q1 Office 365の標準機能でセキュリティは十分?

A1 ビジネスソリューションに強いマイクロソフトだけど…十分とは言えません。

Office 365を導入した理由として「ビジネスソリューションに強いマイクロソフトのサービスなら安心」が挙げられることは多いですが、実はOffice 365の標準機能だけで日本のビジネス環境で求められるセキュリティレベルをすべてクリアするのは難しいと言えます。

トラブルになりがちなメール誤送信の代表と言えば、「宛先間違い」「添付ファイル間違い」「BccとCcの間違い」の3つ。Office 365には「上司承認」や「送信拒否」などの簡単な誤送信防止機能が備わっていますが、添付ファイルの中身まではチェックできないなどの問題があります。

また、「メールアーカイブ」はすべてのプランに付いているわけではありませんし、日本でニーズの多い「添付ファイルの自動暗号化」や「送信の一時保留」といった機能はOffice 365には用意されていません。

Q2 Office 365の標準機能が自社のセキュリティルールに対応しない場合どうする?

A2 外部サービスをうまく活用しましょう。

Office 365を導入したが、標準機能では社内のセキュリティルールを満たすことができなかった…。という場合はどうすればよいのでしょうか?
標準機能に合わせてセキュリティルールを変更してしまうというのは本末転倒です。足りない部分はOffice 365と連携できる外部サービスを組み合わせて、自社のセキュリティルールを満たす機能を実現しましょう。

たとえば、Active! gate SS、Active! vault SSと連携させることで、Office 365の標準機能だけでは実現できない高レベルの誤送信防止やメールアーカイブが可能にあります。

Active! gate SS、Active! vault SSによるOffice 365のメールセキュリティカバレッジ
  Office 365 Busines BE/BP Office 365 Busines
Enterprise K
Office 365 Busines
Enterprise E1/E3/E4
Active! gate SS Active! vault SS
送信メールの一時保留
添付ファイルの暗号化
添付ファイルのWebダウンロード
Bcc強制変換
送信拒否
時間差配信
上司承認
メールアーカイブ
※△は有償オプション

Q3 Office 365に外部サービスを導入するのは難しい?

A3 「送信コネクタ」を設定するだけ。最短で翌日から利用可!

外部サービスと連携させるというと導入時に難しい設定が必要というイメージを持たれがちですが、Active! gate SSの導入はいたって簡単です。Office 365の管理画面で「送信コネクタ」を設定するだけで利用できるので、難しい専門知識がなくても導入できます。また、申し込みから2営業日でID・パスワードが発行されるので、すぐに利用を開始できます。最短では翌日からの利用も可能です(ご希望に添えない場合もございます)。

運用設定もかんたんで、運用開始後の設定変更なども瞬時に反映できるので、難しい専門知識がなくても導入できます。

Q4 Office 365に外部サービスを接続したらコストが高いのでは?

A4 シンプルな機能・選べるプランでコストを抑えた運用も可能です。

せっかくOffice 365の導入によって低コストのクラウド型メールサービスを利用しはじめても、外部サービスを追加したら高くつくのでは? という心配は不要です。

Active! gate SS、Active! vault SSとも、必要かつ十分な機能な機能をコストを抑えて利用できるよう、さまざまなプランをご用意しています。