プレスリリース

鈴与シンワート、メール環境の統一とセキュリティ強化を クオリティアソリューションでまとめて実現

2021.08.17

<報道関係各位>
<プレスリリース>

鈴与シンワート、メール環境の統一とセキュリティ強化をクオリティアソリューションでまとめて実現

 

株式会社クオリティア

 

株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリティア」)は、鈴与シンワート株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:德田 康行、以下「鈴与シンワート」)により、ビジネスWebメール「Active! mail」、メール・添付ファイル経由の情報漏えい対策「Active! gate」、アンチスパム・アンチウイルス「Active! hunter」、メールアーカイブ「Active! vault」が導入されたことを発表いたします。

鈴与シンワートは大規模情報システムの開発、人事・給与・会計などの業務ソリューション及びアウトソーシングの提供、ならびにデータセンター&クラウドサービス事業を展開しています。同社は、220年の歴史がある鈴与グループの一社として、「共生(ともいき)」という理念の下、情報サービス分野で、お客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を推進しています。同社では、2016年からメール環境の統合を目的にActive! mailとActive! gateを導入しました。加えて、迷惑メール対策やコンプライアンス対応のために、2020年からはActive! hunterとActive! vaultを採用しています。
鈴与シンワートでは、以下の点を主に評価しています。

 

  • 製品内容、機能、実績を評価して「Active! mail」を採用
  • シンクライアントでのメール利用による容量不足を「Active! mail」で解消
  • 「Active! mail」との相性が良くサポートも充実した同じメーカー(クオリティア)にて、メール誤送信対策/迷惑メール対策/
      メールアーカイブを実施
      -以前から課題であったメール誤送信対策を「Active! gate」で対処
      -迷惑メールのログ取得不可の問題を「Active! hunter」で解決
      -肥大化していたメールアーカイブは「Active! vault」で対応
  • メールクライアント、メールセキュリティの全社統一により運用負荷を大幅削減
  • ■フルラインナップで導入し、メール環境の統一とセキュリティ対策を強化。生産性を落とすことなく円滑なテレワークを実現

    https://www.qualitia.co.jp/case/am_ag_ah_av_suzuyoshinwart.html

     

    「Active! mail」について

    「Active! mail」は、国立・私立大学から県庁をはじめとした地方自治体、国立研究機関や独立行政法人、そして民間企業まで幅広く採用され、累計2,250法人・1,100万アカウントの導入実績を誇るWebメールパッケージです。さまざまなUNIXサーバーに対応し、また、4カ国語のインターフェースや多言語の同時表示、スマートフォンへの対応など、既存のクライアント型メールシステムと同等以上の操作性を備えながらWebブラウザーのみでメールの送受信が可能という手軽さや標準で迷惑メール対策機能を持ち、SSL暗号化などのセキュリティ対策も施された高機能が支持されています。さらに、2018年にリリースされた「添付ファイル画像化オプション」は、添付ファイルの中身を画像化して表示/確認することで標的型メール攻撃から身を守ると共に、添付ファイル画像化オプションに付帯されているメールの経由国を国旗で表示する「経路国表示」では怪しいメールを誰でも一目で判別できます。「Active! mail」はWebメールだけでなく標的型メール攻撃対策としても有効なソリューションです。

    参考リンク:https://www.qualitia.co.jp/product/am/

     

    「Active! gate」について

    「Active! gate」は、”うっかりミス”や“意図的な情報漏えい”によるメールや添付ファイル経由の情報流出を防止するメール誤送信防止製品です。「送信メールの一時保留」・「添付ファイルの暗号化」、脱PPAPにも有効な「添付ファイルのWebダウンロード」・「Bcc強制変換」・「送信拒否」・「時間差配信」・「上司承認」の7つのアプローチをひとつの製品で提供します。管理者/グループ/ユーザーによるポリシー設定が可能で、保留メールの確認画面の自動スクロール、添付ファイルのプレビュー機能/Webダウンロード指定/自動Zip暗号化など、きめ細かなポリシー設定項目と多彩な機能を実装しています。「Active! gate」は、セキュリティと利便性を兼ね備え、メールや添付ファイル経由の情報漏えいを防止します。

    参考リンク:https://www.qualitia.co.jp/product/ag/

     

    「Active! hunter」について

    「Active! hunter」は、コラボレーション型の「CLOUDMARK」で既知のスパムを検知し、学習型フィルターエンジン「SVM」では未知のスパムをブロックするデュアルエンジンを搭載。それに加え、なりすましメールへの防御策として圧倒的な効果を発揮する送信ドメイン認証のSPFやDKIMはもちろんのこと、国産製品としてはどこよりも早くDMARCフィルターを実装しました。これらを含む独自の17階層によるフィルター群にはダイナミックIPブロッキング/ホワイトリスト(IP)/ブラックリスト(IP)/RBLの「IPフィルター系」やユーザーフィルターも搭載されており、ドメインごとに用途別権限の設定をすることで小規模から数万ユーザー規模にも対応可能な柔軟なフィルター設定が可能。あらゆるスパムメールの脅威からそれぞれのユーザーを保護します。さらに、純国産のメリットとして日本語のスパムメールに強いのも特長で、日本語環境での使用において優れた検知精度と使いやすいインターフェースが海外製品に比べ大きなアドバンテージに。機能面、導入面、運用面、そして使い勝手に対し、国産ならではのきめ細かい配慮が多くのお客様に選ばれています。

    参考リンク:https://www.qualitia.co.jp/product/ah/

     

    「Active! vault」について

    「Active! vault」は、組織毎の内部統制ポリシーに対応したメール情報管理体制を実現できる、シンプル&セキュアなメールアーカイブです。メールアーカイブに求められる機能である「アーカイブ」「検索」「セキュリティ」を集中強化して開発され、豊富なポリシーやグループ設定などで必要なメールだけを保存することが可能です。経営情報や財務情報を取り扱う特定の部門、お客様の個人情報を取り扱う部門、IPOプロジェクトメンバーなど特定の部門やグループのみを登録してアーカイブ対象とするなど、実際の業務に則した運用を可能にします。また、高いセキュリティや個人のプライバシーを確保する設計がされています。

    参考リンク:https://www.qualitia.co.jp/product/av/

     

    クオリティアについて

    株式会社クオリティアは、国内で開発・販売を行っているメッセージングソリューションカンパニーです。メールやメールセキュリティを中心とした事業展開を行なっており、主力製品であるWebメール「Active! mail」や大規模メールシステム「DEEPMail」などを通じて、企業、官公庁、国内主要大学でのコミュニケーション効率化やIT人材の育成に貢献しています。また、Microsoft 365やGoogle Workspace、LINE WORKSと連携するクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」、クラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」などを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステムの構築を支援しています。近年では、標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」が400を超える地方自治体に採用され、現在ではサンドボックスを備えるなどより機能強化しエンタープライズにも導入が進んでいます。さらに2020年秋には、セキュリティを担保しながら業務の利便性を向上させる新しいビジネスツールとして、メール・Web会議・チャットをシームレスにつなぐ新しいコミュニケーションプラットフォーム「QUALITIA CLOUD」をリリースし、変化する働き方に対応したサービスを提供しています。

    参考リンク :https://www.qualitia.co.jp/

     

    本リリースのお問い合わせ先

    株式会社クオリティア 営業本部マーケティング部 稲垣
    email: press_pr@qualitia.co.jp
    phone: 03-5623-2532

    ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
    製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。