プレスリリース

標的型攻撃メール訓練サービス「MudFix」、ユーザーライセンスにて提供を開始

2021.11.04

<報道関係各位>
<プレスリリース>

~ 分かりやすいライセンス形態で標的型攻撃メール訓練を身近に ~

 

株式会社クオリティア

 

株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリ ティア」)は、11月4日(木)より、「標的型攻撃メール訓練サービス『MudFix(マッド フィックス』」をこれまでの年間ライセンスからユーザーライセンスにて提供を開始す ることを発表いたします。

 

 

概要は下記の通りです。

■サービス名

標的型攻撃メール訓練サービス「MudFix(マッドフィックス)」

■費用

月額150円(税別)/1メールアドレス
訓練対象となるメールアドレスに応じて、ユーザーライセンス費用が発生します。
※ご契約は30メールアドレスから、追加は10メールアドレス単位です
※初期費用なし/サービスの最低利用期間は12カ月です
※お支払いは年額一括払いとなります
※メールアドレスの追加時には、残月分の費用が発生します
※メールアドレスの減数は、次回契約更新時のみとなります

▽「MudFix」詳細
https://www.qualitia.co.jp/service/mudfix

 

「MudFix」について

「MudFix」は、株式会社JSecurity(本社:東京都港区、代表取締役社長:崎山 秀文)が日本総代理店として販売している標的型メール攻撃訓練サービスです。「MudFix」は直感的な操作性を持ち、複数のテンプレートを用意しているため手軽に訓練を始めることができます。また、メールの本文はカスタマイズが可能で、未知で巧妙な実際の標的型メール攻撃を想定したレベルの高い訓練を実施することができるのも特長です。価格も初期費用なしで、安価にご提供します。

参考リンク :https://www.qualitia.co.jp/service/mudfix

 

クオリティアについて

株式会社クオリティアは、国内で開発・販売を行っているメッセージングソリューショ ンカンパニーです。メールやメールセ  キュリティを中心とした事業展開を行なって おり、主力製品であるWebメール「Active! mail」や大規模メールシステム「DEEPMail」 などを通じて、企業、官公庁、国内主要大学でのコミュニケーション効率化やIT人材の 育成に貢献しています。また、Microsoft 365やGoogle Workspace、LINE WORKSと連携す るクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」、クラウド型メールアーカ イブサービス「Active! vault SS」などを通し、セキュリティ環境に優れたメールシス テムの構築を支援しています。近年では、標的型メール攻撃対策ソリューション 「Active! zone」が400を超える地方自治体に採用され、現在ではサンドボックスを備え るなどより機能強化しエンタープライズにも導入が進んでいます。さらに2020年秋には、 セキュリティを担保しながら業務の利便性を向上させる新しいビジネスツールとして、 メール・Web会議・チャットをシームレスにつなぐ新しいコミュニケーションプラット フォーム「QUALITIA CLOUD」をリリースし、変化する働き方に対応したサービスを提供 しています。
参考リンク :https://www.qualitia.co.jp

 

本リリースに関するお問合わせ先

株式会社クオリティア
営業本部 マーケティング部 稲垣
Email : press_pr@qualitia.co.jp
Phone: 03-5623-2532

ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。
製品・サービスの内容・仕様、料金などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。