Active! gate メール経由の情報漏えいを防ぐ誤送信対策

基本構成

構成例1.社内メールサーバーの後段

構成例1.社内メールサーバーの後段

構成例2.社内メールサーバーの前段

構成例2.社内メールサーバーの前段

構成例3.ホスティング環境

構成例3.ホスティング環境

ハードウェア要件

要件 推奨最小値
CPU Intel DualCore、QuadCore または同等プロセッサ以上
メモリ 2GB以上(推奨8GB以上)
HDD I/F S-ATA、SAS または Ultra SCSI
HDD 10GB以上
ネットワークI/F 100BASE x 1以上

ソフトウェア要件

要件
検証済みOS Red Hat Enterprise Linux 5.11
CentOS 5.11(32bit)
Red Hat Enterprise Linux 6.10
CentOS 6.10(32bit/64bit)
Red Hat Enterprise Linux 6 – 64bit
CentOS 6 – 64bit
Red Hat Enterprise Linux 7.4/7.6
CentOS 7.4/7.6(64bit)
スマートフォン版画面検証済みOS iPhone: iOS 11/12
Android:Android7/8
エラータ セキュリティを確保するために最新のエラータを適用してください。
付属パッケージ
ソフトウェア
言語サポート*1、xinetd*2 、*3
サーバー証明書 管理者用Webインターフェース、ならびにパーソナルコントローラー、ファイルダウンロードセンターにてhttps プロトコルで利用する場合、各種認証サービスからサーバー証明書を別途取得してください。
  • *1:パーソナルコントローラーにて、添付ファイルのイメージプレビューを表示するためには、その添付ファイルに使用されている言語の言語サポートがインストールしてある必要があります。
  • *2: xinetdがインストール済みである必要があります。OSのインストール状態によってはxinetdがインストールされていない場合がありますので、その場合は別途xinetdをインストールしてください。
  • *3: OS付属のパッケージを選択してインストールする場合には、Apache HTTP Server、PostgresSQLのインストールを避けてください。

検証済み仮想化環境

  • Vmware vSphere 6.7
  • OpenVZ-Regacy

サポート内容:仮想化環境下で発生した障害につきましては、物理環境でも同様の障害が 発生する場合に限りサポート対象とさせていただきます。
また、仮想化環境下で発生する、パフォーマンスに関係する事象につきましてはサポート対象外とさせていただきます。

管理者用およびパーソナルコントローラー、ファイルダウンロードセンター用Webインターフェース対応ブラウザー

検証済みブラウザー 検証済みバージョン
Microsoft Edge Microsoft Edge 44.17763.1.0
Microsoft EdgeHTML 18.17763
Microsoft Internet Explorer 11.3
Mozilla Firefox 65.0
Google Chrome 72.0.3626.109(Official Build) (64 ビット)
Safari 12.0
  •  ブラウザーのバージョンについては、Active! gateの各バージョンをリリースする時点においての最新バージョンのブラウザーでのみ動作確認をしております。動作確認を実施したバージョン以外のバージョンのブラウザーでの動作不具合が確認された場合、随時不具合修正の対応をいたしますが、動作確認を実施したバージョンより以前にリリースされたバージョンのブラウザーに関しましては、制限事項が発生することがございます。

スマートフォン版ブラウザ情報

検証済みブラウザー 検証済みOS
Safari iOS 11/12
Google Chrome iOS 11/12
Android 7/8

ご購入やお見積りのご相談、ご質問などは、販売パートナーか、当社窓口までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは03-5623-253003-5623-2530