Active! gate メール経由の情報漏えいを防ぐ誤送信対策

脱PPAPの根本的な解決策: TLS 確認機能

PPAP (添付ファイルのZip暗号化送信) には情報漏えいリスクがあると指摘されています。「クラウドストレージ」や「添付ファイルのWebダウンロード」は、パスワードの通知方法などの課題がある限り当面の代替策でしかありません。

Active! gateのTLS確認機能はお客様の手間をかけずにPPAP問題を根本から解決する新機能です。標準機能で提供します。

大きなリスクがあるPPAP (添付ファイルのZip暗号化送信)

  1. 暗号化した添付ファイルとパスワードを同一経路で送信している ➝添付ファイルを盗聴されるリスク!
  2. ゲートウェイでのウイルスチェックができない ➝標的型メール攻撃を受けるリスク!
(P) パスワード付きzip暗号化ファイルを送ります / (P) パスワードを送ります / (A) 暗号化 / (P) プロトコル

「クラウドストレージ」や「Webダウンロード」は当面の代替策でしかありません

「アップロードに手間がかかる」「新たなコストが発生」「URLもパスワードもメール通知は盗聴される」等 ➝通信経路を暗号化しなければ根本的な対策にはなりません!

メールの通信経路を暗号化しPPAPを解決する
「TLS確認機能」

データを暗号化して送受信するプロトコルの TLS (Transport Layer Security) を利用すると配信中のメールが傍受されることを防ぐことができます。現在多くのメールサーバーがTLS暗号化に対応しています。(*)

送信メールの暗号化
90.8%
受信メールの暗号化
88.7%

(*)2022年5月現在、当社調べ

Active! gateのTLS確認機能は、受信メールサーバーがTLS対応しているかを確認してメールを暗号化して送る機能です。ファイルはそのまま添付するだけなので余計な手間はかかりません。

  • 配送先のメールサーバーがTLSに対応しているかメール送信前に確認を行い、対応している場合はTLS暗号化通信で送信します。
  • ファイルはそのまま添付されるか、パスワードなしのZipに圧縮化されて添付されます。
  • 配送先のメールサーバーがTLS対応していない場合は「Webダウンロード」などに自動的に切り替えます。

ご購入やお見積りのご相談、ご質問などは、販売パートナーか、当社窓口までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは03-5623-253003-5623-2530