導入・設定について

AM6.xでのApacheの設定について

掲載日:2007.07.04

HTTPのみで運用する場合

最低限の設定としてAliasとScriptAliasの設定が必要です。インストールマニュアルの説明に従って記述した例を掲載します。

設定例

Alias       "/am_viz/"   "/usr/local/activemail/visual/"
ScriptAlias "/am_bin/"   "/usr/local/activemail/bin/"
ScriptAlias "/amm_bin/"  "/usr/local/activemail/amm_bin/"
SetEnv AM_SERVER_PROTOCOL "HTTP/1.1"
SetEnv AM_SERVER_NAME "www.example.co.jp"
SetEnv AM_SERVER_PORT "80"

記述するファイル

/etc/httpd/conf/httpd.conf

記述する場所

バーチャルホスト環境の場合、<VirtualHost></VirtualHost>の間に記述する必要があります。
<VirtualHost 192.168.4.84:80>
ServerAdmin webmaster@www.example.co.jp
DocumentRoot /usr/local/activemail/login
ServerName webmaster@www.example.co.jp
ErrorLog logs/www.example.co.jp-error_log
CustomLog logs/www.example.co.jp-access_log common
SetEnv AM_SERVER_PROTOCOL "HTTP/1.1"
SetEnv AM_SERVER_NAME "www.example.co.jp"
SetEnv AM_SERVER_PORT "80"
Alias "/am_viz/" "/usr/local/activemail/visual/"
ScriptAlias "/am_bin/" "/usr/local/activemail/bin/"
ScriptAlias "/amm_bin/" "/usr/local/activemail/amm_bin/"
</VirtualHost>

HTTPSのみで運用する場合

SSL該当部分に下記設定を記述します。

設定例

Alias       "/am_viz/"   "/usr/local/activemail/visual/"
ScriptAlias "/am_bin/"   "/usr/local/activemail/bin/"
ScriptAlias "/amm_bin/"  "/usr/local/activemail/amm_bin/"
SetEnv AM_SERVER_PROTOCOL "HTTPS/1.1"
SetEnv AM_SERVER_NAME "www.example.co.jp"
SetEnv AM_SERVER_PORT "443"

記述するファイル

/etc/httpd/conf.d/ssl.conf

記述する場所

<VirtualHost _default_:443>と</VirtualHost>
の間に記述します。

HTTPとHTTPS両環境で利用する場合

HTTPは、上記のHTTPでの設定例をご参照ください。HTTPSは、SSL該当部分に下記設定を追加します。

設定例

Alias       "/am_viz/"   "/usr/local/activemail/visual/"
ScriptAlias "/am_bin/"   "/usr/local/activemail/bin/"
ScriptAlias "/amm_bin/"  "/usr/local/activemail/amm_bin/"
SetEnv AM_SERVER_PROTOCOL "HTTPS/1.1"
SetEnv AM_SERVER_NAME "www.example.co.jp"
SetEnv AM_SERVER_PORT "443"

備考

  • 負荷分散環境の場合、HTTP・HTTPS両方に環境変数(SetEnv)の設定が必須になります。
  • その他一般的にCGIを動作させるための基本的な設定については、Apacheのバージョン等によって若干差異があります。詳細はApacheのマニュアル等をご覧下さい。