トラブル対策

Courier-IMAPの同時接続について

掲載日:2009.06.02

概要

IMAP(Courier-IMAP)側の同時接続の設定値が実際の同時接続数より少ない場合、 IMAPから接続エラーが発生してActive! mailからのログイン等の操作ができません。 Active! mail では、下記状態となります。
  • ログインできない
  • ログインしてもメールボックスの中が全て空として表示される

詳細

Courier-IMAPの同時接続については、設定ファイル内にある同一IPアドレスからの同時接続数制限である「MAXPERIP」やデーモン数制限である「MAXDAEMONS」の二つの項目値が関係します。 「MAXPERIP」と「MAXDAEMONS」の値を下記のように設定をしてください。
 想定している最大同時接続人数 × 2 = MAXPERIP値
 MAXPERIP値以上の数値 = MAXDAEMONS

IMAPサーバ側のログ出力設定にもよりますが、同時接続時の問題発生時には下記のようなalertが発生することがあるとご報告もありますのでIMAPのログもあわせてご確認ください。
Aug 23 09:30:00 (IMAPサーバ) couriertcpd: [ID xxxxxxx mail.alert] Maximum
 connection limit reached for ::ffff:(Active! mailサーバ)