トラブル対策

(70007)のエラーが出力する

更新日:2019.08.22

質問
Apacheのエラーログに出力する「(70007)The timeout specified has expired」はどのような意味ですか?

回答
ApacheがHTTP/HTTPS通信時のタイムアウトを感知した旨のメッセージです。

■ログの出力例

[cgi:error] [pid xxxx] (70007)The timeout specified has expired:
[client IPアドレス] xxxxxx: Timeout during reading request entity data

■単発の場合
 特定のユーザで、メール通数が多いなどの理由で該当時間の処理に
 時間がかかっていたことが考えられます。

 同ログが頻発していない場合は特に問題はありません。

■頻発している場合
 ご利用環境では、ユーザ数やメール数などのご利用状況に比べ、Apacheやプロキシ等の
 通信機器のタイムアウトの設定が短いことが考えられます。

□対策
 Apacheや他のHTTP/HTTPS通信に関連する機器のタイムアウト値を伸ばすことをご検討ください。

  • Apacheの設定について

  「設定ファイルのパス」
   /etc/httpd/conf/httpd.conf

  「設定項目の記述例」
   Timeout 120
   ※Apacheのバージョンによって設定項目の記述は異なります。

  <初期設定の例>
   Apache 2.2.x(RHEL5):Timeout 300
   Apache 2.2.x(RHEL6):Timeout 120
   Apache 2.4.x(RHEL7):項目無し(記述が無い場合は「Timeout 60」です)

  • 他の通信機器について

  該当機器の提供元へ調整方法をご相談ください。