導入事例

株式会社三越様

  • 業種:流通
  • 導入システム詳細:Active! mail UNIX版(8000ユーザーライセンス)、マルチサーバーオプション、ポータルと認証連携および共有住所録カスタマイズ

社内連絡用ポータルサイトのメールシステムに
「Active! mail」を採用。
優れたユーザビリティで社内コミュニケーションを
活性化!

  • 従来のグループウェアより手軽な社内連絡を実現
  • 社内ポータルと連携させたセキュリティ機能で安全に
  • 情報部門のメール管理工数を大幅に削減

導入のきっかけと導入前の課題

日本全国や海外に展開する国内有数の百貨店「三越」では、社内連絡用のメールシステムとして「Active! mail」を採用した。
後方支援という確実な情報伝達を求められる部門業務をActive! mailはどのように支えているのか。三越情報サービスI・S部担当課長の山本 勝氏にお話を伺った。

「従来はグループウェアを業務通達などの部門間の連絡に使用していました。各拠点の後方支援の事務所には、管理されたメールの閲覧ができる端末が設置されています。
グループウェアのリースアップに伴うシステムのリプレースとして、社内ポータルを立ち上げる事になりました。そのメールシステムとしてActive! mailが理想的でした。
当グループでは拠点が多く『通達、連絡事項』の量も多く、スピード化とともに各自に確実に届く正確性も求められていました。検討においては、PC側にソフトを組み込むことなく使え、極めてシンプルで気軽に使えるのがActive! mail導入の決定打となりました。
また、セキュリティ機能をポータルと共有できるようにカスタマイズできる点も魅力の1つでした。」

山本 勝氏

三越情報サービス I・S部
担当課長
山本 勝

分かりやすい住所録を実現したオリジナルのカスタマイズ

Active! mailの導入によって生じた変化については、以下のようなコメントをいただいた。

「利便性から言えば、グループ内のどこにいてもブラウザーで自分宛のメールを確認できますので、移動先で業務を続けることができるようになりました。
実際にはメールに対する抵抗感も下がった様で、社内メールの送受信数が増えています。用件をメールで伝えることが多くなり、相手が不在でも業務が滞ることが少なくなりました。電話と異なり文章で伝えるため、聞き間違いを起こさない利点もあります。
また、情報部門ではユーザー追加、削除変更などのメール管理に関するメンテナンスの工数が大きく下がりました。」

Webメールシステムを支えるラックマウントサーバー

Webメールシステムを支えるラックマウントサーバー。Active! mailには2台のIBM X335が割り当てられ、負荷分散を行っている

三越の商品受注システムを支えるサーバー群

三越の商品受注システムを支えるサーバー群。Active! mailは確実な情報伝達を実現するインフラを担当する。

システム概要

  • ホットスタンバイ機能を備えた冗長構成(2台)のメールサーバーと、ファイル共有によってスプールされたメールをActive! mailからコントロール。
  • Active! mailは負荷分散装置によって振り分けられた2台のWebサーバー上で稼働し、別途監視サーバーが各機の動作に障害がないかどうかをチェックしている。

この製品・サービスに関する導入事例をもっと見る

この事例で紹介された製品・サービスの機能や価格を見る

ご購入やお見積りのご相談、ご質問などは、販売パートナーか、当社窓口までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは03-5623-253003-5623-2530