トラブル対策

「セッションの有効期限が切れています。」という表示が出てログアウトしてしまう

更新日:2021.03.24

質問
Active! mail へログイン直後、もしくは、設定されているセッション有効期間より短い時間でエラーメッセージが発生する。
・エラーメッセージ
『セッションの有効期限が切れています。再度ログインを行なってください。』


回答
Active! mailのセッション有効期間が切れた場合のメッセージになります。

Active! mail ではご利用のブラウザに対してセッションの有効期間の情報を設定したCookieを発行し、Active! mailからログアウトするまでブラウザ側は発行されたCookieを保持します。

ログイン直後や指定された有効期間よりも短い時間でセッション切れのメッセージが出てしまう場合には、ブラウザが保持しているCookieが正常に確認できなくなっていますので、以下の【対処方法】に記載の方法をお試しください。

 

【対処方法】

  1. ご利用端末を現在の日付と時刻に合わせてください。
    また、ご利用の地域に合った「タイムゾーン」を選択してください。
    端末や時刻やタイムゾーンがずれているとCookieに設定されている有効期間ともずれが生じるため、セッション切れが発生します。
  2. Internet Explorer の設定の確認と調整を行ってください。
    設定によってCookieの処理が行えていない可能性があります。
    <設定の確認方法>
    Internet Explorer のブラウザ右上にある歯車アイコンから「インターネットオプション」を選択し、以下の各項目の確認や調整を行います。
    〇セキュリティ設定
     セキュリティタブの「このゾーンのセキュリティのレベル」を「中高」以下に設定してください。
    〇プライバシー設定
     プライバシータブの「サイト」「詳細設定」でそれぞれ以下を設定してください。
     (a)サイトボタンをクリックし、Active! mailサイトのドメインがブロックに登録されている場合は許可するようにしてください。
     (b)詳細設定ボタンをクリックし、Cookieを許可する設定としてください。
      ・ファーストパーティのCookieを「承諾する」に設定してください。
      ・サードパーティのCookieを「承諾する」に設定してください。
      ・「常にセッションCookieを許可する」にチェックを付けてください。
    〇接続設定
     接続タブの「LANの設定」ボタンをクリックして、「LANにプロキシサーバーを使用する」のチェックを外してください。
    〇プログラム設定
     プログラムタブの「アドオンの管理」ボタンをクリックして、デフォルト以外のアドオンが読み込まれている場合は該当アドオンを無効にしてください。
    〇詳細設定
     詳細設定タブの「Internet Explorer の設定をリセット」の「リセット」ボタンをクリックし、Internet Explorerをデフォルト設定に戻してください。
  3. ご利用端末のブラウザからActive! mailをご利用ください。
    リモート接続や仮想デスクトップで使用しているとCookieの処理が行えない場合があります。
  4. Active! mailへのログインがエラーにならない端末をご利用ください。
    どの端末でも発生する場合はご利用環境のシステム管理者へご相談ください。

 

上記の方法で改善しない場合には、お手数ですが(1)~(4)までの結果を添えて、画面下部の「ご利用中のお客様向けお問い合わせ」のクリックで開くフォームからご質問ください。