Active! gate

メール経由の情報漏えいを防ぐ誤送信対策

7つのアプローチでメール経由の情報漏えいとうっかりミスを確実に阻止

Active! gate(アクティブゲート)は、添付ファイルなどによる情報漏えいからうっかり送信ミスまで確実に防ぐ、先進のメールセキュリティソリューションです。

「宛先を指定する」「内容を書く」「ファイルを添付する」といったメール送信時の作業は人的な作業のため、書き間違いや操作ミスといったヒューマンエラーを完全になくすことはできません。Active! gateは、添付ファイルの暗号化や送信メールの一時保留など、メール誤送信防止のための7つのアプローチをシステム側ですべて自動的に実行します。

Active! gateが選ばれる理由

他に類を見ない柔軟なポリシー設定と優れた操作性でセキュリティと利便性の向上を両立

Active! gateは管理者/グループ/ユーザーごとに段階的なセキュリティポリシーが設定が可能です。管理者は管理画面から、ユーザーは個人ごとに用意された「パーソナルコントローラー」画面から、それぞれきめ細かな設定項目を任意に設定できるので柔軟な運用を可能にします。

たとえば、重要度の高い特定のグループだけはメールの「送信の一時保留」や「上司承認」といった厳しいセキュリティポリシーを管理者が設定し、その他のユーザーはユーザー自身に設定を任せるなどの柔軟な運用によって、管理者の負担を軽減し、ユーザーの利便性を向上することが可能です。

柔軟な設定

ファイル名の漏えいを防ぐ2回の暗号化

情報漏えいを防止するためには、添付ファイルのセキュリティはとても重要です。Active! gateでは、メール送信時にパスワード付きの暗号化ファイルに自動変換され送信されます。また、ZIP変換を2回実行することもでき、ファイル名の漏えいを防ぐことが可能です。

メールソフトやサーバーに依存しない柔軟性

ゲートウェイタイプのActive! gateはメールの送信経路に設置するだけですぐに数々の誤送信対策機能を導入し情報漏えいのリスクを低減することができます。自社内設置のメールサーバー環境はもちろん、メールホスティングやフリーのWebメールにも対応しています。

環境や規模に応じてアプライアンス版も利用可

Active! gateはアプライアンス版もご用意しています。アプライアンス版も導入・運用に専門的な知識は不要で、送信メールのウイルスチェックの実装(有償オプション)も可能です。

アンチウイルスフィルターをオプション搭載

送信メールのウイルスを自動的にチェックする「 Kaspersky Anti-Virus 」をオプションで実装可能(有償)。Active! gateの一元管理によって専用サーバーが不要になり、大幅なコスト削減を実現します。

Active! gateの優れた機能をそのまま使えるクラウド型サービスもご用意しています

Active! gate SS
  • 月額150円~/1ユーザー
  • 最短翌日導入可!
  • 最少10ユーザーから
  • 機能を選べる3つのプラン

Office 365G Suite(Google Apps)対応

ご購入やお見積りのご相談、ご質問などは、販売パートナーか、当社窓口までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは03-5623-253003-5623-2530